1. まとめトップ

【炎上】利権オリンピックが酷い!東京五輪を中止すべきの意見多数!

東京オリンピックの利権関係が汚いと話題になっています。ロゴ製作費が何と1億3千万円で、それを受注している永井一史は、エンブレム選考委員長となっている永井一正の父親だというのです。新国立競技場問題もあって、東京五輪を中止して返上すべきでしょう。

更新日: 2016年09月30日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 17022 view
お気に入り追加

◆予算が何故か1兆8000億円の東京五輪

コネを元に既得権益を握った人たちの金儲けビジネスにオリンピックが利用されるのはもううんざりだ。

東京五輪の運営費が不足している中で、用途不明のお金が沢山出てきています。

◆東京五輪の事務所が年5億円

年間5億円の賃料を支払って超高級オフィスを借りる必要がどこにあるというのでしょうか。税金を出す都民・国民に説明が求められるでしょう。

東京五輪の予算が1兆8000億円にも達するとNHKが報じており、当初の6倍の見込みです。

◆オリンピックの利権図

2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムが白紙撤回された問題で、大会組織委員会がエンブレムの選考から決定に至るまでに支払った費用が計約5700万円にのぼることが9月4日、分かった。

東京都と共催した7月24日のエンブレム発表イベントに約6900万円かかっており、都と負担について協議している。

◆東京五輪のロゴがパクリ判明www

出典i2.wp.com

東京都の舛添知事がロゴを発表しましたが、早くもパクリ疑惑が出てきています。

出典i0.wp.com

東京都のロゴは、メガネブランドのロゴに類似しているという指摘がなされました。

ニュージーランドの弁護士事務所をパクった疑惑

ロゴが完全に類似しているとしか言いようがないほど似ています。

エンブレムのパクリ疑惑

佐野氏が手掛けたエンブレムのロゴが類似している事が判明しました。

出典i0.wp.com

大学でも教えているという佐野氏だが、デザインをパクる事について疑惑を否定。

佐野研二郎氏は、2013年11月にツイッターで「いまのgggのヤンチヒョルトもやばい」とツイートしている。この展覧会で展示されたヤン・チヒョル作品と佐野研二郎氏の原案が酷似しているのだ。

佐野氏の本人がPinterestなどでデザインを収集していたものを見ると、類似するデザインが多数発見されました。

佐野研二郎氏、長嶋りかこ氏、サントリー・トートバッグの高崎卓馬氏が東京五輪エンブレム審査員でつながっている。醜悪な癒着構造の闇は深い。

◆便器と称される新国立競技場

国民の8割以上が新競技場に2千5百億円も資金を投じることに反対している。

競技場とエンブレムだけで、100億円近くの巨大な損失が発生する。責任者は私財で賠償できないなら、まずは辞職して責任を明らかにするべきである。

1 2





misukiruさん