1. まとめトップ

富山の白い宝石☆白えび(シロエビ)

富山湾名産の、深海えびの一種の白えびの魅力をご紹介。

更新日: 2017年05月08日

4 お気に入り 5345 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moepapaさん

白えびとは

シロエビ(白海老)、学名 Metapenaeopsis lata は、十脚目クルマエビ科に分類されるエビの一種。西日本沿岸に分布し、近縁種とともに食用にされる。
富山湾沿岸で漁獲される「シロエビ」は本種ではなくオキエビ科の一種 Pasiphaea japonica 、標準和名「シラエビ」で、エビの分類上でも全く別系統の種類である。

富山県富山湾名産の白海老、と呼ばれるものは、シラエビ(白海老)Pasiphaea japonica のことで、オキエビ科に属するエビの一種。

唯一漁場をもつ富山県では、一般に「白えび(シロエビ)」と呼ばれ、沿岸地域では「ヒラタエビ」と呼ぶこともある。

1996年に「富山県のさかな」として、ブリ、ホタルイカと並んで指定されている。

生のものは傷みが早く、富山湾以外ではまとまって漁獲できないため、以前は富山県周辺でしか入手できなかったが、21世紀初頭には流通網や冷凍技術の発達により生身での流通もある程度可能になった。殻をむくのが難しかったのだが、一旦冷凍すると素人でもむきやすくなることがわかってから食材として見直され始めた。

シロエビ料理

やっぱり王道の味。甘味たっぷりです。

さっとひと茹ですると、新鮮な白えびの甘みが増し、絶品です。

プリプリの身は揚げ物にベストマッチです。

人気の白えびメニュー

ご当地ラーメンとしても大人気。

白エビたっぷりのかき揚げを挟んだ、名物土産となっているバーガーです。

生のエビを漬けこんで、玄妙な味が出て人気です。

シロエビ特集動画

1 2