1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

hukukenさん

▼トピックス

▼ARGON18(アルゴン18)を使用している自転車チーム

インタープロ・サイクリングアカデミー(Jプロチーム)
アスタナ(UCIワールドチーム)

▼2018年モデル

硬すぎず柔らかすぎずの剛性感でパワーを掛けてもよく進みますし、乗り心地も良いため、オールマイティに使用できるバイクですね。漕ぎ出しも軽くひと漕ぎするだけでもしっかり加速してくれます。

漕ぎ出しは非常に軽いのですが、フレームが極端に軽いというわけではないので、バイクの剛性感からそう感じるのではないかと思います。

反対にシートステーは細く出来ているため、柔軟にしなり路面からの振動を吸収してくれるので快適性も担保されています。パワー伝達性と快適性のバランスが良いフレームだと感じますね。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥450,000
フレーム重量:880g

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥450,000
フレーム重量:880g

▼GALLIUM PRO(ガリウム プロ)

2017ツール・ド・フランスで実戦投入され、ファビオ・アルーをステージ優勝に導いたモデル。 前モデルをベースに、カーボン素材と積層を見直し、さらなる軽量化を果たすとともに剛性も向上。 新たなハイエンドフレームとして生まれ変わった。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥430,000
重量:790g(フレーム)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥430,000
重量:794g(フレーム) タイヤ:N/A

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥430,000
重量:794g(フレーム) タイヤ:N/A

▼GALLIUM(ガリウム)

フレーム本体は 2017年モデルの「ガリウム プロ」と同じモノで、カラーリングを変更。 フロントフォークの材質やシートピラーをダウングレードすることで抜群のコストパフォーマンスを実現した。7050 ナノテックカーボン採用のリアルロードレーシングフレーム。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥280,000
重量:810g(フレーム)

▼KRYPTON(クリプトン)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速ULTEGRA完成車 ¥322,000
価格:11速105完成車 ¥289,000
価格:フレームセット ¥183,000
重量:1190g(フレーム) タイヤ:N/A

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速ULTEGRA完成車 ¥322,000
価格:11速105完成車 ¥289,000
価格:フレームセット ¥183,000
重量:1190g(フレーム) タイヤ:N/A

新型となるエンデュランスロード「KRYPTON CS」が登場。快適性を最大限に高める設計とされながらも、剛性やエアロ性能も両立されたハイパフォーマンスなグランフォンドモデルとなる。

数々のテストを経て生み出されたフレームは、KRYPTONと同じくシートステーの接合位置を下げたコンパクトなリア三角デザインを採用。縦方向に扁平させたシートステーとともに、緩やかにカーブを描く薄くデザインされたトップチューブが振動吸収を高める役割を果たしている。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥298,000
重量:990g(フレーム)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥228,000
重量:1,080g(フレーム)

▼GO!(ゴー!)

ARGON18の持つ、アプティマルバランステクノロジーを落とし込んだ、エントリーグレード。
ラインナップ中、末弟モデルではありますが、同社特有の滑らかさと軽快さを兼ね備えたライディングフィールはそのままに、優れたコストパフォーマンスを実現しました。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速105完成車 ¥263,000
価格:10速ティアグラ完成車 ¥242,000
価格:フレームセット ¥139,800
フレーム重量:1,190g

▼2017年モデル

▼NITROGEN PRO(ナイトロジェン プロ)

最新のエアロ形状を備えながら、素材をナノテクノロジーを応用した「Nanotech Tubing HM8003」を採用する事で開発ベースとなった下位モデルの「NITROGEN」よりも、150g以上の軽量化を達成

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥552,000
重量:833g(フレーム) タイヤ:N/A

▼NITROGEN(ナイトロジェン)

上位と同じフレーム形状で異なるカーボン素材を採用し、エアロ性能とコストパフォーマンスを両立

1 2 3