1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

hukukenさん

|海外メディアやプロチームのツイート

K様 PIONEER 新型サイコン&パワーメーターご注文ありがとうございました 期間限定キャンペーン開催中!! 3月中頃までにご注文頂くと、wahoo製心拍センサーとスピードセンサーが付属し、なおかつ通常の価格よりも安くなります∑(゚Д゚) 詳細につきましては是非お問い合わせ下さいませ‍♂️ pic.twitter.com/KbaR7oeJ38

▼アスタナプロチームのチームバイク

▼2019年モデル

▼NITROGEN DISC(ナイトロジェン ディスク)

ナイトロジェンディスクは、ハイエンドの超軽量エアロロードフレームのナイトロジェンプロと同一のモールドを使用しています。このフレームにはARGON 18がタイムトライアルバイクやトライアスロンバイクで培った技術と最新のトレンドを最適な形で融合しています。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥320,000

▼GALLIUM DISC(ガリウム ディスク)

新しいガリウム ディスクは、ホビーレーサーからセミプロまで、安心して高性能を存分に楽しめるバイクです。ハイエンドのガリウム プロ ディスクと同形状のモールドを使用して、性能とコストのバランスを高い次元で達成しています。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥310,000

▼GALLIUM(ガリウム)

新しいガリウムは、ガリウムプロと同形状のモールドを使用して、性能とコストのバランスを高い次元で達成しました。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥280,000

▼DARK MATTER(ダークマター)

レーシンググラベルバイクのダークマターは、右側のチェーンステイをドロップさせた独自の形状でタイヤクリアランスを保ったまま、グラベルバイクとしてはチェーンステイを短く設定。短いリアセンターと低めのBBハイト、延長したホイールベースにより安定した走行を実現し、ダート上でも俊敏な反応をみせます。タイヤクリアランスは45mmを確保して、シクロクラスでの使用も可能です。また、フロントディレイラーの取り付けも可能です。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥250,000

▼2018年モデル

硬すぎず柔らかすぎずの剛性感でパワーを掛けてもよく進みますし、乗り心地も良いため、オールマイティに使用できるバイクですね。漕ぎ出しも軽くひと漕ぎするだけでもしっかり加速してくれます。

漕ぎ出しは非常に軽いのですが、フレームが極端に軽いというわけではないので、バイクの剛性感からそう感じるのではないかと思います。

反対にシートステーは細く出来ているため、柔軟にしなり路面からの振動を吸収してくれるので快適性も担保されています。パワー伝達性と快適性のバランスが良いフレームだと感じますね。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥450,000
フレーム重量:880g

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥450,000
フレーム重量:880g

▼GALLIUM PRO(ガリウム プロ)

2017ツール・ド・フランスで実戦投入され、ファビオ・アルーをステージ優勝に導いたモデル。 前モデルをベースに、カーボン素材と積層を見直し、さらなる軽量化を果たすとともに剛性も向上。 新たなハイエンドフレームとして生まれ変わった。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥430,000
重量:790g(フレーム)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥430,000
重量:794g(フレーム) タイヤ:N/A

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥430,000
重量:794g(フレーム) タイヤ:N/A

▼GALLIUM(ガリウム)

フレーム本体は 2017年モデルの「ガリウム プロ」と同じモノで、カラーリングを変更。 フロントフォークの材質やシートピラーをダウングレードすることで抜群のコストパフォーマンスを実現した。7050 ナノテックカーボン採用のリアルロードレーシングフレーム。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥280,000
重量:810g(フレーム)

▼KRYPTON(クリプトン)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速ULTEGRA完成車 ¥322,000
価格:11速105完成車 ¥289,000
価格:フレームセット ¥183,000
重量:1190g(フレーム) タイヤ:N/A

1 2 3