1. まとめトップ

「危険!覗くな!?」 (閲覧注意) 闇Web!

深層ウェブの動画まとめの人気が上がったので... 私たちの知らないインターネットの世界のまとめ第二弾。深層ウェブにさらに奥深くの闇ウェブ(ダークウェブ)について第一弾のおさらいも含めて迫っていきます。観覧は自己責任でお願いします。

更新日: 2016年07月31日

90 お気に入り 1132425 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wdboss7さん

闇Webとは?

「政治活動家や犯罪のたぐいに使用される匿名で実質的に追跡不可能なグローバル・ネットワーク」

国際的ハッカー集団「アノニマス」や世界中の様々なハッカー・クラッカー・過激派の活動家たちが利用している。ネットワークで普通の検索エンジン(グーグルやヤフー)などでは見つからないサイトが多いです。通称「闇ウェブ」「ダークウェブ」と呼ばれています。一般人でもアクセスが可能ですが、危険なサイトや不気味なコンテンツが沢山あります。
アクセスや観覧は自己責任で。

闇Webのサイトを紹介した動画(英語)

15つの深層ウェブ又は闇ウェブで有名なサイトを紹介した動画です。左のお兄さんの反応が気になって右側のサイトに目が行きません(笑)

気軽にアクセスしてはいけない!

ダークウェブ(Dark Web)はディープウェブの「通常の検索にひっかからない」ということに加えて「専ら犯罪や素性を知られたら困る活動に利用される情報サイト」という意味付けがされています。

インターネットの無法地帯であるという事が感じされますね。危険なのでアクセス方法はここでは教えません。あくまでも”まとめ”として楽しんでください。

深層Webと闇Webには .Com や .Org のドメインは使われない

深層Webや闇Webには Com や Org 等といったドメインは使われておらず特有のドメインが使われています。

闇ウェブにはどんなサイトがあるの?

簡単に説明すれば、匿名のメールやオンラインストレージ、IRCチャット、掲示板、ハッキング、薬物、銃刀、盗難クレジットカード、違法ポルノ、流出した個人情報などの大変危険な情報が掲載されたサイトが沢山あります。闇Webのすべてがそうではありません。匿名Facebookや匿名メールなど自分の秘密情報を守るときにも深層Webや闇ウェブが使われていたりもします。(闇ウェブはあまりないと思いますが)

深層Webについてのまとめ第一弾!

深層Webや闇Webでは Bitcoin (ビットコイン) が通貨として利用されている

深層Webに自分専用のホームページを開設したいので深層Web用のサーバーを借りたい等そういう目的に使われるときクレジットカードではなくビットコインが利用されます。

インターネットで流通している電子通貨。通貨の単位はBTC。紙幣・硬貨は発行されていないため、「仮想通貨」「デジタル通貨」などとも呼ばれる。流通を管理する事業主体や国家もなく、中央銀行のようなものも存在しない。米ドルや円など現実通貨との交換は、ウェブ上の「取引所」を通して行われるが、決済は金融機関を通さないため、諸経費や手数料などが発生しない。そのため、小口の売買やP2P(個人同士)の取り引き、とりわけ国境を越えた送金・決済に利用されている。

匿名で活動する活動家たちはこのような通貨を使って取引をしています。海外ではビットコインを使ったショッピングができるらしく便利なものとなっています。でも、悪用に使われることもあるんです。使い方を間違えれば大変なことにもなる場合もあります。

闇Webで危険なサイト「シルクロード」

薬物やコンピューターウイルス等色々な危険なコンテンツが販売されFBIによってサイトが閉鎖されたが、またもや!シルクロード2.0となるサイトや代わりのサイトが登場し結局はいたちごっこに

もちろんのこと設立者は全員逮捕されています。

関連まとめ

1 2