1. まとめトップ

安倍内閣か共産党?日本国民は「生長の家か共産党」を選ばないといけない。金持ちに立つ人間か?

生長の家 「実相円満完全、実相円満完全」と1万回唱えると、癌が治る人間は神にとって奴隷でしかないんだと、言うことを聞けと、従わない者は勝手に苦しんで消えていけと説いている宗教です。

更新日: 2018年01月15日

2 お気に入り 4359 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

daiba49さん

生長の家の本を読めば分かりますが、生長の家の真理を見極めると、人間は神にとって奴隷でしかないんだと、言うことを聞けと、従わない者は勝手に苦しんで消えていけと説いている愛の無い冷たい宗教です。(甘露の法露に説かれています。)

金持ちや社会の役に立つ人間、生長の家の組織にとって役に立つ利用できる人間は歓迎されますが、そうでない人間は相手にされません。

一言でいえば好都合宗教です。

「実相の世界では大日本帝国は敗北していない」というのが、谷口雅春先生の教え

日本の極右・秘密結社で知られる「日本会議」の正体を暴いてくれた。安倍支援の黒幕は、なんのことはない、カルトの宗教右翼だった。「ヤフーニュース」が極右を暴く貴重な記事を載せていた。安倍の黒幕たちの存在を、読売産経は決して報道しないため、筆者なりの分析をしながら紹介したい。中秋の名月に乾杯である。

<生長の家と神社本庁が主体の日本会議>

 「谷口雅春の生長の家」をご存知の日本人は少ないだろう。本人は死んでいるが、彼を信じ込んでいる信者が、日本会議の主役であることが判明した。生長の家と靖国の神社本庁が結びついて、いまの不気味な日本会議が存在、安倍と自民党をコントロールしている。これ以外には石原慎太郎の霊友会など右翼教団もまとわりついているが、人脈上は生長の家が主体であることが明らかだ。谷口は、極右・天皇主義のカルト宗教で知られる「生長の家」の教祖である。
 靖国参拝を使命と信じる安倍である。平和憲法破壊に狂奔する安倍の極右政治は、すべて日本会議のそれである。そこから「日本は天皇中心の神の国」という時代がかった主張が飛び出してくる。

1