1. まとめトップ

え!?こんなところにも?プチ整形の代名詞、ヒアルロン酸の活用法

メスを入れない整形であるプチ整形。その方法はたくさんありますが、一番有名なものがヒアルロン酸注射。このヒアルロン酸のプチ整形は様々な用途で使われています。

更新日: 2015年10月14日

fezacosaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 3159 view
お気に入り追加

ヒアルロン酸注射による美容整形とは?

【シワ・たるみ取り】

ヒアルロン酸は体内にもある肌水分の成分。
加齢により肌水分が減少するとシワやたるみなどの肌トラブルが発生しますが、ヒアルロン酸を注射して補充することでこういった肌トラブルが解消されます。

ヒアルロン酸は、目元の小じわや目の下のクマ、ほうれい線など加齢に伴う症状へのアンチエイジング治療として多く用いられています。

ヒアルロン酸が不足したことでシワやたるみが生じているお肌に直接ヒアルロン酸を注射する方法もあります。

【隆鼻】

鼻にヒアルロン酸を注射することで、鼻の高さを調節したり、鼻のデザインを修正することができます。

鼻背(眉頭から鼻先までを結ぶ鼻筋)、鼻尖(鼻先)にヒアルロン酸を注入し、鼻を高くする美容整形術です。

ヒアルロン酸を鼻に注入することで、鼻を高くしたり、鼻筋を通しシャープなお顔の印象にすることが出来ます。また、軽度のわし鼻であれば、目立たなくすることもできます

【男性器増大】

男性器にヒアルロン酸を注射することで、男性器の大きく・太くすることができます。
亀頭に注射すると刺激に強くなって早漏が改善するという副次効果もあるようです。

亀頭増大・強化とは亀頭のカリ首周辺を大きく、硬くするための治療です。
早漏防止や性交時のパワーアップも図れます。

ヒアルロン酸(高分子ヒアルロン酸)や自分の脂肪を注射で皮下に注入することでペニスを太くすることができます。

【豊胸】

バストにヒアルロン酸を注射することで豊胸ができます。
体内にある成分ですので、触った感覚も自然と言われています。

ヒアルロン酸を注射したり注入したりするだけでバストアップできるのですから、豊胸手術の中では大変手軽な手術です。

従来のヒアルロン酸は、半年~1年程度で体内に吸収されてバストアップの効果がなくなってしまっていましたが、現在では、粒子の大きなヒアルロン酸「SUB-Q」など、数年間もつヒアルロン酸が主流です。

ヒアルロン酸治療の特徴って?

どの治療も身体への負担が小さく手軽ですが、元々が体内にある成分ですので、体内に吸収され永久に続くわけじゃないというのが難点。

ヒアルロン酸注射や注入はその手軽さから、プチ整形と呼ばれることもあります。

施術時間が非常に短く患者さんの負担が少ないというところが大きなメリットです。

ヒアルロン酸は、体内へ吸収されていきますから、その効果は永続的なものではありません。

ヒアルロン酸によるバストアップ効果は、他の部位よりも長いという特徴があるものの、それでも約2年間~3年間程度経過すると、元の状態に戻ってしまうというわけです。

1