1. まとめトップ

正しいエイジングケアで綺麗に!年齢に負けない美肌を手にいれよう♡

エイジングケアって言葉はよく聞くけれどなんの事かしら?と思っている方は多いのではないでしょうか。エイジング=老化。なるべくなら老化を防ぎ綺麗なままでいたいですよね!原因・対策を知り年齢に負けない美肌を手にいれましょう。

更新日: 2016年02月15日

3 お気に入り 1214 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kzkaycさん

エイジングケアとは

エイジング(=加齢)をケア(=お手入れ)する。

加齢とともに誰でもやってくるさまざまな肌トラブル。その予防策を打ち、年齢に負けない美肌を作るためのメンテナンス

肌のエイジング(老化)の主な要因

肌のエイジング(老化)の主な要因は、「光老化」「酸化」「乾燥」「菲薄化(ひはくか)」「糖化」の5つです。

この各要因が絡まり合って、しわ・たるみ・シミ・ハリ低下・ほうれい線・くすみなど、いろんな肌のトラブルが現れます。

こんな症状が出てきたら、早めにエイジングケアを!

乾燥がひどくなってきた

表情をもどしたときにうっすらシワができ始めている

目元に小じわが出てきた

皮膚を上に引っ張ると毛穴が消える

お肌の曲がり角は25歳頃といわれていますが、実際のところ、
20代後半でエイジングケアを意識している人は少ないのが現状です。

正しいエイジングケア対策

乾燥対策

すべての肌トラブルの元となる乾燥を防ぐ

肌の老化を促進させる原因の一つは乾燥です。乾燥は肌のカサつきだけでなく、シワやシミを作り出す原因や、毛穴を目立たせる原因にもなったりする肌トラブルの元凶。乾燥を防ぐためには保湿を徹底することが重要

紫外線対策

肌にダメージを与える紫外線をブロック

紫外線を長年浴び続けることで、シワやシミ、たるみなどを引き起こす現象を光老化と言います。

光老化の原因はUV-Aという紫外線。肌への影響が大きいこのUV-Aは、一年を通して照射されています。光老化を防ぐためにはこのUV-Aを防ぐことが重要。直射日光を避け、冬でも日焼け止めを塗るなどの対策が不可欠です。

糖化・酸化の防止

若々しい肌を保つには糖化と酸化を防ぐことが大事

糖化とは、身体の中のタンパク質が食事などによって摂取された糖と結びつき、劣化したタンパク質(AGEs)が生成され、体内に蓄積する現象のこと。糖化が進むと肌の色が変化し、くすんだ感じになってしまいます。

次に酸化。これは体内に取り込まれた酸素が紫外線などの外的ストレスや精神的ストレスの影響によって、活性酸素に変わり、身体を酸化させる現象のこと。

こんな方法もある!顔のたるみ対策で考えられるアンチエイジング法

サプリメント

エイジングケアに置けるサプリ摂取の目的は、体内から細胞を活性化したり化粧品などでは補いきれない成分を摂取する事にあります。

美容クリニック

フェイスリフトの手術を受けたり、美容成分・保湿成分配合のクリームやローションなどの化粧品を使って肌の基礎機能を改善したり、マッサージによって筋肉のハリを取り戻すということです。

1 2