一極集中が進む各国の大都市では、水平に街を拡大していく都市計画が拡散化による非効率の要因の1つとなり、社会的な問題を招くことが指摘されている。「満員電車による長距離通勤」などはその顕著な例と言えるだろう。すでに飽和状態にある首都・東京。マロー氏のアイデアによって、多くの問題が解決されることになるかもしれない。

出典不動産ニュース | 株式会社ファースト・リーディング

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

高さ1,600mのタワーも!? 東京湾上の夢の都市『ネクスト東京』

奇才建築家デビッド・マローが描く東京の未来。1,600メートルの超高層建築・通称「スカイマイルタワー」には50万人の人々が暮らすという新しいライフスタイル。人口の一極集中と、それ以外の地方を自然に還すことで、人はより豊かな生活を手に入れられる──そんな夢が詰まった『ネクスト東京』構想について。

このまとめを見る