つまり、都心機能を周囲に拡大しようとすると、既成の住宅地を壊していかなくてはならない。加えて職住近接どころか、職住が遠くなり通勤時間がさらに長くなることが不可避になる。そこで、そういう求心型放射状の従来型のシステムを改めて、むしろ都心のエネルギーを東京湾上に伸ばしていってその両サイドに住宅を建てていくという成長可能な都市のコンセプトを提案していたのです。

出典DND緊急提言-動け!東日本復興計画:丹下健三氏の『東京計画1960』に学ぶ 出口俊一氏

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

高さ1,600mのタワーも!? 東京湾上の夢の都市『ネクスト東京』

奇才建築家デビッド・マローが描く東京の未来。1,600メートルの超高層建築・通称「スカイマイルタワー」には50万人の人々が暮らすという新しいライフスタイル。人口の一極集中と、それ以外の地方を自然に還すことで、人はより豊かな生活を手に入れられる──そんな夢が詰まった『ネクスト東京』構想について。

このまとめを見る