地球の長い午後

出典Amazon.co.jp: 地球の長い午後 (ハヤカワ文庫 SF 224): ブライアン W.オールディス, 伊藤 典夫: 本

はるか未来、寿命が尽きかけ膨張した太陽のもと、地球の自転は停止し地上には永遠の昼と夜が現れた。熱帯と化した昼の世界では、巨大に進化した樹木が大陸を覆い尽くし、活動する食肉植物が絶滅した動物にかわって地上を跋扈していた。そんななか、文明を失った人類は弱肉強食の世界で細々と生きていた。仲間を追われた少年グレンの旅の行方は……。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【50冊以上】ハイセンスなタイトルの小説まとめ

思わず惹かれる秀逸なタイトルの文学作品とそのあらすじ。次に読む本、買う本の参考や暇つぶしなどにどうぞ。PCビューで1P…SF、2P〜3P…日本人作家(SF以外)、4P〜海外作家(SF以外)

このまとめを見る