世界の中心で愛を叫んだけもの

出典Amazon.co.jp: 世界の中心で愛を叫んだけもの (ハヤカワ文庫 SF エ 4-1): ハーラン・エリスン, 浅倉 久志, 伊藤 典夫: 本

ウィリアム・スタログは様々な方法で多くの人間を殺戮し、裁判にかけられた。
フラマリオン・テータという星には人の形をした不思議な彫像があった。その姿、表情が、ガス室での死の直前のスタログの姿だとはテータにきた探検隊は知らなかった。そのとき、彼はこう叫んでいたのだ。「おれは世界中のみんなを愛してる。ほんとうだ、神様に誓ってもいい。おれはみんなを愛してる、おまえたちみんなを!」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【50冊以上】ハイセンスなタイトルの小説まとめ

思わず惹かれる秀逸なタイトルの文学作品とそのあらすじ。次に読む本、買う本の参考や暇つぶしなどにどうぞ。PCビューで1P…SF、2P〜3P…日本人作家(SF以外)、4P〜海外作家(SF以外)

このまとめを見る