百億の昼と千億の夜

出典Amazon.co.jp: 百億の昼と千億の夜 (ハヤカワ文庫JA): 光瀬 龍: 本

西方の辺境の村にて「アトランティス王国滅亡の原因はこの世の外にある」と知らされた哲学者プラトンは、いまだ一度も感じたことのなかった不思議な緊張と不安を覚えた…プラトン、悉達多、ナザレのイエス、そして阿修羅王は、世界が創世から滅亡へと向かう、万物の流転と悠久の時の流れの中でいかなる役割を果たしたのか?―壮大な時空間を舞台に、この宇宙を統べる「神」を追い求めた日本SFの金字塔。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【50冊以上】ハイセンスなタイトルの小説まとめ

思わず惹かれる秀逸なタイトルの文学作品とそのあらすじ。次に読む本、買う本の参考や暇つぶしなどにどうぞ。PCビューで1P…SF、2P〜3P…日本人作家(SF以外)、4P〜海外作家(SF以外)

このまとめを見る