1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

上西小百合「片山さつきが恥知らずな迷惑行為。急病人のために新幹線を停車させた。人命のためとは言えやりすぎ」 ift.tt/2bivN9B pic.twitter.com/WsITi2XUu4

そういう事? 国会議員では、石原伸晃経済再生担当相、丸川珠代環境相、萩生田光一官房副長官、石破茂前地方創生担当相、下村博文幹事長代行、片山さつき参院議員らが駆け付けた。 内田茂前幹事長パーティーで、ヨイショ連発 twitter.com/katayama_s/sta…

責任転換

安倍さんが『最後のひとりまでお支払いする』っておっしゃったんですよ。それ、どうなったんですか?って話があって。それができない限り、ぼくは信用しません」
 生放送で突然、鋭く切り込まれてしまい、ものの見事に表情が固まってしまった片山。だが、口を開くと、こんなことを言い始めた。
「また厚生労働省でね、事件起きちゃって、わたしたち政治家のほうは怒っております」

弱者いじめ

「働きたくても働けない人たち、払いたくても(年金の)その金額が払えない人たち」のことを心配したのだ。だが、片山にはまったく届かず、「現役で働ける方が60万人くらいいらっしゃるのも事実」「病院たらい回しとか、その問題もあるし」と、結局“生活保護受給者が国を滅ぼす”と言わんばかり

無関係の中国非難にすり替え

賄賂を受け取ったと言われる厚労省の官僚についても、「すごいキャラの立っちゃってる、変わった厚労省の職員さん」「服装が異常」などと述べ、“たんにヘンな人が混ざっていただけ”だと片山は問題を矮小化。他人の容姿をとやかく言うなら片山のヘアスタイルも大概ヘンだと思うが、挙げ句、片山はこのように語り始めた。
「いちばん利権があるのは、いま中華人民共和国と言われていますから、官僚制度のいちばん強いのは共産圏なんですよ。情報独占で何でもできちゃう。(中略)そういうレベルでは日本はないわけですが」

自画自賛

片山が前夫・舛添要一とのスピード離婚について触れ、舛添のことを「怖かった」と語る一幕も。そして、当時の自分をこう評した。
「いまの議員やってる片山さつきじゃないですもん。大蔵省で、まだそれこそ新進気鋭の、夜遅くまで働いている女性ひとりのキャリアウーマンで」
 自分のことを“新進気鋭”と自画自賛……。厚かましいにも程がある。

片山さつき、生活保護で3兆も財源取れないと言いながら、株で年金財源10兆円も溶かしちゃった安倍政権はどうなるのよ。その3倍じゃない! twitter.com/kwave526/statu…

東大法学部卒の物凄い馬鹿。 片山さつきが坂上忍に年金問題とマイナンバー制度を批判され暴言連発! またぞろ生活保護バッシングも... netallica.yahoo.co.jp/news/20151017-…

1