1. まとめトップ

未来のなでしこJAPAN候補:日テレベレーザ【長谷川唯選手】

日テレベレーザ所属でU17女子ワールドカップ優勝メンバーでもあり、同大会シルバーボール受賞者でもある長谷川唯選手についてまとめました。年代別の日本代表へは常に飛び級で選ばれる実力からなでしこJAPANメンバー入りが期待されます。

更新日: 2016年04月11日

3 お気に入り 19425 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

entrynumber8さん

2013年16歳の頃からなでしこリーグ1部である日テレベレーザで攻撃の中心選手として活躍

長谷川選手はこの大会で準MVPともいえるシルバーボール賞を受賞

長谷川唯選手の経歴

1997年1月29日宮城県に生まれる。
幼少時に埼玉県戸田市に転居。
戸田市立戸田南小学校→戸田市立戸田中学校→日出高等学校
現在は日本大学文理学部に在学中。

各年代別日本代表に飛び級で選ばれる実力の持ち主

大会MVPランク2位のシルバーボールを受賞したMF長谷川唯

2012年の2012 FIFA U-17女子ワールドカップ(アゼルバイジャン)にもU-17日本女子代表に15歳で選出されて出場。

2013年は飛び級の形でU-19日本女子代表に抜擢され、AFC U-19女子選手権2013(中華人民共和国・南京市)に出場

中学生時代からその才能が注目され、2011年のU-16日本代表招集から常に飛び級でひとつ上のカテゴリの代表チームでプレーしており、翌年15歳でU-17W杯出場を果たした。2013年にはU-19代表の主力としてAFC U-19選手権(U-20W杯アジア予選)に出場。

長谷川唯選手の特集

長谷川選手16歳の時の特集。プレーの特徴もこの動画からわかります。
小柄ですが非常にテクニックのある選手で、見ていて楽しいプレーが随所にあります。

座右の銘
だれよりも練習すること。それが必ず自信になる。

長谷川唯選手:U17ワールドカップ優勝時のプレー集

2013年長谷川唯選手(背番号23番)16歳のころ

主なプレー
2:55秒〜こぼれ球を技ありターンでキープ
3:16秒〜高い位置でボールをカットし、自らシュート
8:36秒〜左サイドへのドリブル突破をはかる
10:42秒〜技ありプレーで相手をかわしドリブル

2013年長谷川唯選手(背番号23番)16歳のころ

主なプレー
2:10秒〜田中美南選手のポストプレーから長谷川唯選手がワンツーで抜け出しコーナーキックを獲得、その後のコーナーキックで木龍七瀬選手が得点
10:25秒〜中央からミドルシュート
11:48秒〜左サイドから中央へ切れ込みシュート

U17女子W杯グループリーグ1回戦
長谷川唯選手(背番号8番)の主なプレー
0:43秒〜こぼれ球を強烈なミドルシュート
1:55秒〜長谷川唯選手のFKのシーン
4:46秒〜スルーパスに抜け出しシュート

U17女子W杯グループリーグ3回戦

長谷川唯選手(背番号8番)の主なプレー
0:00秒〜齋原みず稀選手が左サイドを突破し、最後は長谷川唯選手のゴールシーン
0:53秒〜長谷川唯選手のボールキープから小林里歌子選手につなぎ、小林里歌子選手と橋沼真帆選手の連携で右サイドを突破し、最後は橋沼真帆選手のクロスに長谷川唯選手トラップで抜け出しシュート。

U17女子W杯準々決勝

長谷川唯選手(背番号8)の主なプレー 
0:15秒〜ワンタッチプレーで小林里歌子選手の右サイド突破をお膳立てし、最後は自らゴールするシーン
0:47秒〜鋭い動きだしからペナルティエリアに侵入し、ファールを受けPKを獲得。自らPKを蹴るもゴールキーパーに阻まれるが、最後は杉田妃和選手がゴール
1:25秒〜長谷川唯選手のスルーパスに小林里歌子選手が抜け出しシュート
2:26秒〜清水梨紗選手の裏へのパスに抜け出した長谷川唯選手がシュート。押しくもクロスバー。

U17女子W杯準決勝

長谷川唯選手(背番号8番)の主なプレー
0:03秒〜長谷川唯選手のクロスに小林里歌子選手がキープし、最後は長野風花選手のミドルシュートでの先制点のシーン
0:37秒〜コーナーキックから長谷川唯選手がワンタッチプレーで得点をアシスト。市瀬菜々選手の得点シーン
1:37秒〜小林里歌子選手から長谷川唯選手につなぎ、長谷川唯選手がドリブルで左サイドを突破しクロス。杉田妃和選手が倒されPKを獲得。杉田妃和選手が自らゴール。

長谷川唯選手の日テレベレーザでのプレー集

長谷川唯選手(背番号14)の主なプレー
1:47秒〜大野選手からボールカット
4:24秒〜技ありターン
4:47秒〜澤穂希選手とのマッチアップ2回
6:54秒〜長谷川唯選手の技ありパスから田中美南選手の技ありシュートでの得点シーン
8:41秒〜ボールキープ
11:13秒〜カウンターの起点に
12:46秒〜裏へのパス
12:59秒〜ミドルシュート
14:28秒〜右サイドでテクニックが光るシーン

長谷川選手の主なプレー
0:42秒〜長谷川唯選手のドリブル突破、裏へのパスから、田中美南選手のシュートシーン
1:54秒〜ボールカット、ドリブル、裏へのパス、テクニックが光るプレー
2:32秒〜有吉佐織選手へのパスでワイドな展開
5:21秒〜有吉佐織選手との連携で左サイドを突破し、有吉佐織選手のクロスから阪口夢穂選手のヘディングでの得点シーン
7:05秒〜長谷川唯選手のボールコントロール
7:35秒〜有吉佐織選手へのロングパス
7:55秒〜有吉佐織選手との連携で左サイドを崩す
11:35秒〜スルーパスから木龍七瀬選手のシュート
11:47秒〜裏へ抜け出したところにパスを受け自らシュート

長谷川選手の所属する日テレべレーザは2015年のなでしこリーグレギュラーシーズンを制覇

続いてエキサイティングシリーズも制し完全制覇。
長谷川唯選手はチーム最年少。

▽プレナスなでしこリーグ1部のレギュラーシリーズ最終節が27日に行われ、スペランツァFC大阪高槻に6-1で大勝した日テレ・ベレーザが、逆転優勝を果たした。

左から2番目が長谷川唯選手

日テレ・ベレーザが5年ぶり13度目の優勝! レギュラーシリーズに続く完全制覇(2015年)

プレナスなでしこリーグ1部のエキサイティングシリーズ上位リーグ第4節が31日に行われ、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースに2-0で勝利した日テレ・ベレーザが、5年ぶり13度目の年間優勝を決めた。

試合は開始早々の4分、日テレの長谷川唯がゴールを決めて先制に成功した。さらに28分には中里優が追加点を挙げ、日テレがリードを2点に広げた。

そのまま2-0で勝利。

なんだか楽しそう。長谷川唯選手が途中で一度前に出てきます。

選手達の声も続々と

1 2 3