1. まとめトップ

橋下徹が買ったバブル遺産の「咲洲庁舎」がゴーストタウン化で廃墟化が目前!

橋下市長が府知事時代に買って大阪都庁舎にしようとした咲洲庁舎がゴーストタウン化していると話題になっています。1991年に着工された物件で大赤字が出ていたものを大阪府が買い取って庁舎にしたのですが、アクセスも悪くて職員・都民も撤退すべきと考えています。

更新日: 2020年05月16日

5 お気に入り 21670 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

◆橋下徹が強引に購入した「咲洲庁舎」

実は大阪維新の会って、橋下氏や松井氏がこのビル購入を自民党などに反対されたから作ったのが直接のきっかけ

大阪湾の人工島・咲洲にあり、55階建てで高さ256メートル。大阪府が2010年、経営破綻した大阪市の第3セクターから約85億円で購入した。

◆職員の多くが撤退すべきと考える

大阪府が第2庁舎として使用している咲洲さきしま庁舎について、府の職員組合が職員に実施した調査で、「撤退すべきだ」との回答が8割近くを占めたことがわかった。

一部の部局の咲洲移転による業務への影響に関しては、「非効率になった」の48%が最も多く、府民にとっての利便性は8割以上が「悪くなったと感じる」と回答。

◆合理性ゼロという批判を受ける

南海大地震が30年以内に起こる可能性が70%あることは公知の事実でした。にもかかわらず、大阪府は大阪のベイエリアであるワールドトレードセンターを買ったのです。

その購入額85億円。すでにかかった修理代33億円。もう庁舎として使い始めていますから、これからも延々と耐震工事の費用がどれだけかかるかわかりません。

◆バブルの遺産と呼ばれるもの

1988年(昭和63年)に策定した「テクノポート大阪」計画に基づき、第三セクター方式で建設された。総事業費は1,193億円。高さは256.0m

大阪市住之江区南港北(咲洲)にある高さ256.0m、地上55階・地下3階建ての超高層ビル。愛称は「コスモタワー」。

WTCは、1996年度の決算から債務超過に陥り、2003年3月の2002年度決算時には236億6446万円の債務超過という事実上の倒産状態にあった。

大赤字なのにテナント募集せず

5年前16件あったテナントは現在7件と撤退が相次いでいるにもかかわらず、大阪府はこれまで一切テナントを募集していなかったことがわかりました。

「咲洲庁舎全体の活用策等を検討することになっていて、今、現在はテナント含めて募集していない」(大阪府総務部庁舎管理課・稲田信彦参事)

◆人気もない展望台

最上階の55階には、カフェなどが併設された有料の展望台(2015年2月時点で大人510円、中人210円、小人210円)がある。

◆大阪府の財政悪化に拍車

◆橋下徹は、約束通り引退せよ。

■参考リンク

1 2