1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

自分ならきっと出来る…根拠のない自信って実は大切だった!

「どうせ私には無理!向いていない!」とすぐ決めつけていませんか?それ、実は自分の思い込みかも知れません。根拠がなくても「自分には出来る」と自信を持つことって実はとても大切のようです。

更新日: 2016年05月08日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
927 お気に入り 85737 view
お気に入り追加

▼自分に自信…持ちたいよね。

自分のこと好きになってもっとポジティブになって自信持ちたい

なんかもうちょっと自分の考え方に自信持ちたいっていうか 考え方の違う、かつ高圧的な人の前でも折れないような強さが欲しい

▼すぐに「無理」「向いていない」と言っていませんか?

どうせ私には無理…。
どうせ私には向いていない…。
少しやっただけで、少し失敗しただけで、
すぐ決めつけていませんか?

「どうせ私なんて」「どうせ何を私がやってもダメなんでしょ」「私がやることはどうせ誰も評価してくれない」

気がつくとネガティブなことばかり考えているなど、体調が悪かったり、仕事で結果が出ないときほど、人はマイナス思考に陥りがち

▼それ、自分が勝手に決めつけているだけかも…?

「自分には出来ない」と決めつけているのは自分だけなのかも知れません。

そのときに感じる感情が証拠であるかのように、現実を判断する。

限界を決めているのはもしかして、自分なのかもしれません。

▼この「思い込みの力」って実はとても怖い!

「自分なんて」という思いが、
自らの中でダメな自分をつくり出してしまいます。

自信喪失の多くはたいてい「思い込み」によるものであり、妄想にすぎない。「思い込み」の力は大きい。

プラスの思い込みを持てれば、それは必ずプラスに還元される。しかし逆に、マイナスの思い込みは、マイナスしかもたらさない。

「ダメだ」「無理だ」「出来ない」ばかり言っていると本当に出来なくなったり、知らないうちにその言葉に近づくような行動を取ってしまうことも。

前向きに考えることができると、脳に良い刺激となり細胞が活性化します。逆に後ろ向きな考えだと、脳の細胞にストレスがかかり、悪い刺激になってしまう

▼マイナスな言葉を発する前に…ちょっと考えてみよう!

自ら発する言葉にも気をつけて。
またちょっとマイナスな考えになっているな…と思ったら、思考回路も少しずつ広げてみましょう。

「これは自分の思い込みかな?」
と自分に問いかけて、いろんな選択肢を考えてみて

ネガティブ思考が頭にあるとき、本を読むようにそれを受け止める。思考を認識し、思考が行動に影響を与えていないかどうか考える

▼「根拠のない自信」これを持ってみませんか?

なぜかよく分からないけど自信がある。
自分にとって都合の良い「根拠の自信」を持ってみよう!

不安に思った時に、「よし、根拠の無い自信を持とう」と思うこと

1 2





lulu0803さん