1. まとめトップ

”世間でなく、僕が君を愛してる” イケメン夫が『一途』に愛する妻達

ピアース・ブロスナンとヒュー・ジャックマンの、ナイスガイな資質と、愛妻家であることは高く評価されています。そんな男性が選ぶ奥様は注目の的。時にはやっかみの対象にもなるのですが、世間が何と言おうと、彼らは、奥様に釘付け。ナイスガイがぞっこんな、妻の『真の魅力』って、聞いてみたいですよね。

更新日: 2017年06月01日

4 お気に入り 71287 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nonoichigoさん

▼5代目ジェームズ・ボンド

本名 Pierce Brendan Brosnan
生年月日 1953年5月16日
国籍  アイルランド アメリカ合衆国
職業 俳優、映画プロデューサー

家族構成
シャーロット(娘 カサンドラの連れ子)
クリストファー(息子 カサンドラの連れ子)
ショーン(息子 カサンドラとの実子)
ディラン(息子 キーリーとの実子)
パリス (息子 キーリーとの実子)

「007」シリーズ第17作「ゴールデンアイ」(95)で晴れて5代目
ジェームズ・ボンドに就任。「トゥモロー・ネバー・ダイ」(97)、
「ワールド・ノット・イナフ」(99)、「ダイ・アナザー・デイ」
(02)の計4本はいずれも興行的に成功を収め、同シリーズの新時代
を切り開いた。

▼『おしどり夫婦』で有名 息子は『イケメンモデル』

父、ピアースの身長は、187cm。
息子、ディランの身長は、さらにそれを
10cmほど上回るそう。

そのあまりにも美しい写真をサンローランがFacebookにて公開し、このように紹介文を添えている。「ディラン・ブロスナンは、カリフォルニア在住の17歳。映画を勉強している学生で、ミュージシャンでもあります。」

そのスラリとした長身と長い手足、抜群のスタイルに一目惚れしたスリマン(エディ・スリマン イヴ・サン・ローランのクリエイティブ・ディレクター、ファッションデザイナー)は、彼をイヴ・サン・ローランの専属モデルとしてスカウトしました。

彼が凄いのは、全く親の力を借りず、自力でモデルの仕事を獲得
したことです。

ロサンゼルスのマリブの海岸を歩いていたところを、ピアーズ・プロズナンの息子とは知らないでスカウトされた。

ディランの母親はピアースの2番目の妻、キーリーシェイスミスです
。世間では『ハリウッドスターに相応しくないアグリーな嫁』などと
心無いランキングに度々登場してしまいます。

▼妻に贈る ”世間ではなく僕が、そのままの君が好き”

妻のキーリーも、元モデルで、TVリポーターを
していた。

ふたりの姿がメディアに登場するたびに、巨大化していくキリーの姿に話題が集まっており、「なぜあんなかっこいいピアースに、巨漢妻?ありえない」といった誹謗中傷の声も多い。

ピアースと知り合ってから、約34kgも太ってしまったキリー。ふたりの子供を妊娠してからという
もの、体重が増え続ける一方のキリーは、いくつかのダイエットを試みてきたが、今までのところ
すべて失敗に終わっているとのこと。

ブロスナンの奥さんは豊満という言葉ではカバーしきれないぐらい
にたっぷりと大きな女性なのだが、彼は世間が揶揄するそのたっぷり
した体型を含めて奥さんを愛しているそう。

「彼は俳優なので、キリーは彼が若い女優と共演したりすることに不安を覚えています。

どうにか体重を減らしたいというプレッシャーはますます強くなっており、『脂肪吸引』が最も
最短で最適な方法であるのではないかと考え、ピアースに申し出た。

しかしピアースは、ボトックスや美容整形をはじめとして体にメスを入れることに反対で、キリーにはそのままでいてほしいようです。

脂肪吸引をしたら、離婚するとまで言っているそう。

ピアースは、ハリウッドのやせ志向と逆行するキリーが、世の中の
良いロールモデルになると考えています」と関係者がナショナル・
エンクワイラー紙に語っている。

▼実は『癌』だった最初の妻と、娘とも、『死別』していた

007シリーズ『007 ユア・アイズ・オンリー』ではボンドガールに選ばれリスル伯爵夫人役を演じる。

- wikipediaより

シャーロットさんは母カサンドラさんと前夫
ダーモット・ハリスさんの娘で、ダーモット
さんの死後、兄弟のクリストファーと共に
ピアースの養子となっている。

- シネマトゥデイより

シャーロットさんの母カサンドラ・ハリスさんも1991年に卵巣がん
で亡くなっており、ピアースは2人の愛する女性を同じ病気で失った
ことになる。

カサンドラは、ブロスナンとの再婚後に卵巣がんを患い、4年間闘病した末、1991年にたった43歳の若さで死亡。

ブロスナンは実子である幼いショーンと、クリストファー、シャー
ロットという2人の養子を育てながら彼女(カサンドラ)を必死に
看病した。

「がんで死にゆく、愛する人の手を握りながらその最期を看取ると
いう経験は、一生忘れられないものだ」という彼のスピーチは真に
迫るものがあり、人々の心を揺り動かした。

▼ハンサムガイでありながら『妻一筋』 彼にとって、妻の存在とは

妻は、穏やかで静かに輝きながら、
たどり着く道を指し示してくれる
”北極星”のような存在。

1991年に元ボンドガールだった妻カサンドラ・ハリスをがんで亡く
したピアースは、2001年にキリー・シェイ・スミスと結婚。それから
というもの、ハンサムガイでありながら浮いた話は一つもなく、妻
一筋を貫いてきた。

ピアースは、キーリーがこれまでカサンドラを失った悲しみと、
彼がうまく向き合えるように助けてくれたと語っている。

「キーリーはいつも親切で、思いやりがあって、私がキャシー
(カサンドラ)を弔うのを支えてくれている。実際、私はキャシー
のことをいつでも考えているからね。息子のショーンはもちろん、
また、彼女の息子だし、いま29歳になったんだ。キーリーは、私を
いつも見守ってくれる北極星のような存在だよ」。

「私は男やもめがどういうものか、また恋愛をするのはどういう
ことかを経験したので、よく分かった。だから同じ立場の人たちにも
、それを乗り越えられる希望を決して捨ててほしくないんだ。人間の
人生には浮き沈みがあるし、逆にそれが人生だとも言える」。

1 2