1. まとめトップ

疑惑だらけのプロ野球・巨人 高橋由伸監督で巻き返しなるか?

プロ野球の監督で一番プレッシャーのかかる巨人で、しかも前任が12年間で、7度のリーグ優勝と3度の日本一を達成した原辰徳監督の後任となればさらに簡単に決まるはずもなくないか。あの貧打打線を立て直すのも気が引ける?

更新日: 2017年05月24日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 5193 view
お気に入り追加

菅野 黒虎退治でリベンジ!ピンチでギアチェンジ3連続K

やられたらやり返す。巨人・菅野智之投手(27)が23日、阪神戦に先発し7回6安打無失点で12球団単独トップとなる6勝目を飾った。7回無死一、二塁のピンチを3者連続三振で切り抜けるなど9日の投げ合いで今季唯一の黒星を喫した秋山拓巳投手(26)にリベンジ。プロ5年目で上原浩治、江川卓、堀内恒夫に次ぐ球団史上4番目の早さで節目の通算50勝に到達した。防御率も1・58でリーグトップ。投手2冠に躍り出たエースがチームを2連勝に導いた。

ピンチでギアチェンジできる。菅野がエースたるゆえんだ。7回に真骨頂が集約されていた。

 「そういう時のために余力を残して、ギアを上げる練習をしてきた」。1―0の7回だ。安打と、自らの犠打処理で二塁悪送球し、一、二塁となった。そこまでの100球で150キロ超えはなし。「自分で招いたピンチ。自分でケリをつけないと」とその後の15球中7球が直球で、そのうち6球が150キロを超えた。

 高山に151キロ直球で見逃し三振。上本はこの日最速153キロを見せた後のカットボールで空振り三振に斬った。そして糸井だ。前回対戦した9日(東京ドーム)に右前適時打されて連続無失点を27イニングで止められ、4試合連続完封を阻止された相手に、最後は151キロを投げ込んでバットに空を斬らせた。

「前回阪神にやられて絶対に次は勝とうと過ごしてきた」。3者連続三振でピンチを切り抜け、右拳を強く振った。前回4失点で敗れた秋山との投げ合いも制した。今回は7回無失点で、12球団トップの6勝目を手に入れた。

 菅野の持論「体心技」が今季の投球を支える。「普通は“心技体”ですが、自分は“体心技”と考えている。コンディションさえ整えることができたら、どんな打者でも抑えられると信じている」。今季は4年連続開幕投手に指名されたが、WBCの疲労を考慮されて2カード目の初戦に初登板した。それから約2カ月間、週頭を任され続けている。2日前の投球練習、登板が近づくにつれて距離を縮めていくインターバル走など徹底した自己管理で体調を整えてきた。だから「心」で攻めることができる。

通常の被打率が・203なのに対し、走者を得点圏に背負ったときは・122。昨年は被打率・228に対し得点圏で・203とあまり変わらなかった。「何度かピンチがあったけど、力でねじ伏せた。気迫がこもった投球をしてくれた」と高橋監督も「体心技」の投球を評価する。4回からは「マウンドがいつもと違う気がして、臨機応変に」と走者なしでも、セットポジションで投球する「技」を見せた。

 節目の通算50勝。上原、江川、堀内に次ぐ球団4番目の早さで到達した。「節目なので自分を見つめ直して、感謝したい。交流戦の開幕も僕が行くと思うので勝って勢いをつけたい」

■無駄な四球が…巨人・内海 自身4連敗で2軍行き決定「力不足」

巨人は逆転負けを喫し、再び貯金を失った。先発の内海が5回2/3を8安打6失点で自身4連敗。筒香不在のDeNA打線に対し、無駄な四球が敗戦につながっただけに、高橋監督は「もったいない」と振り返った。

初回2死から宮崎を歩かせ、4番・ロペスに先制2ラン。5回にも四球直後にロペスにタイムリーを浴びた。7日の中日戦(ナゴヤドーム)以来の先発となった左腕は「最善を尽くして調整してきた。結果が出ないのは力不足」と肩を落とした。試合後、2軍での再調整が決まった。23日からの6連戦では2軍から吉川光らをローテーションに組み込む見込みだ。村田ヘッドコーチは「ロペスの前の四球は、100勝(通算127勝)している投手としては寂しい内容」と厳しかった。

 打線は今季初めて長野を1番に起用し、2回に初対戦のクラインから4安打に3盗塁を絡めて4点を奪ったが、3回以降は沈黙。高橋監督は「(2回は)いい攻撃ができた。その後に1点、2点取っていかないといけない」と嘆いた。

■打てない!巨人2試合連続完封負けに高橋監督嘆く

<巨人0-1ヤクルト>◇18日◇東京ドーム

 巨人が2試合連続の完封負けで、勝率を5割に戻した。

 先発の宮国が7回1失点と好投したが、打線がヤクルト投手陣から9安打を放ちながらも、タイムリーが出なかった。

 高橋由伸監督(42)は「点が取れなかったのがすべてかなと思います。投手はなんとかよく最少失点でつないで投げてくれたと思います」と冷静に振り返った。

■投打精彩欠き巨人完敗 村田ヘッド「0―7では何にもならない」

打線は5安打で今季2度目の零敗。投手陣は7回まで毎回安打を許すなど今季ワーストタイの14安打を浴びた。投打ともに精彩を欠く内容に、巨人・高橋監督は「相手にいい形で取られた。(2死からの失点が)多く出てしまっているので何とかしないと」と嘆いた。

 先発の大竹寛が初回に3連打で2失点。5回には2死から2点を失った。反撃に転じる前に相手に流れを渡し「本当に申し訳ない」と反省した。池田、篠原の中継ぎ陣も踏ん張れず、ワンサイドゲームになった。4番の雄平には4安打を許し、村田ヘッドコーチは「同じ打者に打たれ過ぎ。負けるにしても0―7では何にもならない」と投手陣に苦言を呈した。

 前夜はエース菅野、4番・阿部の活躍でカード初戦を取ったが、勢いに乗れない。4連勝を飾った首位・阪神には5・5ゲーム差をつけられた。

■菅野“超省エネ”8回1失点 今季セ最短2時間16分斬り

エースの投球だった。8回1失点でリーグトップタイの5勝目を手にした巨人・菅野。6回までわずか60球で3安打無失点という超省エネ投球だ。7回にバレンティンにソロを浴びたのが唯一の失点。8回1死満塁では山田を投ゴロ、続く雄平はこの日最速153キロの直球で三ゴロに仕留めてピンチを切り抜けた。球数は91球で余力はあったが、8回でお役御免となり「バランスもよく、まずまずだった」とクールに振り返った。

4連続完封勝利の記録樹立を逃した9日の阪神戦(東京ドーム)は8回4失点で今季初黒星を喫した。チームも先週は1勝3敗と波に乗れず「申し訳ない気持ちだった。今回は週の頭を取って勢いをつけたかった」。そんな気迫が、今季リーグ最短の2時間16分というテンポのよさにつながった。これでヤクルト戦は昨年3月25日(東京ドーム)から5連勝だ。

 節目の通算50勝に王手をかけた。次回登板は23日の阪神戦(甲子園)だ。「前回やられた屈辱を絶対に晴らしたい」。エースの視線は早くも1週間後のリベンジマッチに向けられていた。

■巨人 広島に今季1勝6敗 高橋監督「点を取られたら勝てないんだから」

◇セ・リーグ 巨人2―11広島(2017年5月13日 マツダ)

 巨人は投手陣が13安打で11失点を喫し、2位浮上はならなかった。

 先発のマイコラスは初回に3失点を喫するなど6回9安打で自己ワーストタイの5失点で2敗目。「不運な当たりもあって、ああいう結果になった」と振り返った。

 今季の広島戦は7試合で1勝6敗、48失点の内容に高橋監督は「点を取られたら勝てないんだから」と厳しい表情だった。

■菅野「完全に失投」無失点途切れ…今季165人目福留に初被弾

52年ぶりの偉業は夢と消えた。巨人・菅野は65年の巨人・城之内邦雄以来の4試合連続完封を逃し、8回4失点で開幕からの連勝が4で止まる黒星を喫した。「(連続完封の意識は)ないわけない」と本音が漏れた。

 初回の2失点で、4月18日のヤクルト戦(熊本)の初回から始まった連続無失点が27イニングでストップ。昨年記録した自己最長の30イニングに届かなかった。切り替えを図ったが、マギーの一発で1点差に詰め寄った直後の3回には福留の2ランを被弾。1死一塁で初球、外角を狙った148キロワンシームが逆球となり、右翼席に運ばれた。

今季165人目の打者で初めて許した本塁打。直前に左飛に打ち取った糸井に対しても、外角を狙ったワンシームが高めに浮いていた。珍しい2球連続の投げミス。「完全に失投」と悔やんだ。

 7回に打席に立ち、中軸を迎えた8回も続投して115球を投げた。「こんな展開にしたのは自分の責任。あそこはこだわった」。首位・阪神とは3.5ゲーム差。「まだ戦いは序盤。(次戦に向け)しっかり準備したい」と仕切り直しを誓った。 (川島 毅洋)

 ▼巨人・小林(初回の糸井の適時打に)勝負するところ。最終的にチームが勝てばいい。

 ▼巨人・高橋監督(菅野は)変わった感じはしなかった。点は取られたが、先発としてイニングは投げてくれた。

■内海「ありえないミス」プロ14年目の初ボーク

巨人・内海がプロ14年目で初のボークを取られ、4回5失点。「全てにおいてチームに迷惑をかけてしまい、申し訳ない気持ちです」と反省が口をついた。

0―4の4回無死一塁。走者・平田がいるにもかかわらず、セットポジションではなく、ワインドアップで投球に入った。「ピンチだったので(球が)抜けてはいけないと思いながら、そのまま(投球動作に)入ってしまった」。平田がスタートを切ると、思わず投球動作をやめてけん制を投げてしまった。「ありえないミス。全てにおいて迷惑をかけた」。その後、2死から木下拓に左中間適時二塁打を許した。

 2発を浴びた動揺もあった。2回にはゲレーロに左越え3ラン。4回も先頭・ビシエドに左越えソロを許し「その後も粘りきれなかった」と言う。今季は5試合でチーム最多の計6本塁打。4月12日広島戦(東京ドーム)では1試合で4発を被弾した。自身は3連敗で、チームの連勝も2で止まった。通算127勝左腕に、高橋監督は「打たれたことはしょうがない。それ以外の部分でもう少しね」と苦言を呈した。

■巨人、小林のスクイズなどで逆転勝ち 中日は泥沼の5連敗

(セ・リーグ、中日2-3巨人、7回戦、5日、ナゴヤD)巨人が1点を追う八回に逆転し、競り勝った。先発のマイコラスが7回6安打2失点で4勝目(1敗)を挙げた。中日の連敗は5になった。

 巨人が粘った。1-2の八回、代打・亀井の適時打で同点。一、三塁とした後、小林が捕前へのセーフティースクイズで三走・長野が生還。クロスプレーとなったが、捕手・杉山がタッチした際にボールをこぼした。

先制したのは中日。一回二死二塁から、4番・平田が放ったゴロを一塁手・阿部がはじいた。すぐに拾ったものの、ベースカバーに入ったマイコラスへ悪送球し、二走が生還した。中日は四回にビシエドが右越え3号ソロ。巨人は先発のバルデスの前に打線がつならなかったが、五回に坂本勇の遊撃強襲の適時打を放ち、投手陣は2番手・マシソン、3番手・カミネロが1回ずつを無失点に抑えた。

4勝目を挙げた巨人・マイコラスの話「ストレート中心に両コーナーをついてゴロを打たせて、すばらしい守備陣に助けられました」

坂本勇(五回に適時打)「チャンスだったのでコンパクトにいった。適時打になって良かった」

■巨人 今季ワースト10与四死球 守備長く攻撃のリズムが…

投手陣が今季ワーストの10四死球。終わってみれば1―2の僅差での敗戦だったが、流れを引き寄せることができないまま、試合は終わった。巨人・高橋監督は「点は取られていないので悪いとは言い切れないけど、ちょっとそこはどうかなというところ」と歯切れは悪かった。

 先発の田口は6回まで4安打無失点も自己ワーストの8四死球を与え、122球を要した。「抑えるまでの過程が苦しかった。もっと(ストライク)ゾーンで勝負しないといけない」と猛省した。2番手・篠原はバレンティンに四球を与えた直後に雄平に一発を許し「変化球でカウントを取れず、真っすぐしかない状況をつくってしまった」と唇をかんだ。今季ヤクルト戦の無失点記録は、33イニングで止まった。

■巨人・石川 移籍1号3年ぶり猛打賞 同姓の“Gキラー”左腕撃ち

巨人での取り組み。日本ハムからの継続。2つを合わせた石川が、ヤクルトの石川を打った。

 「本当に気持ち良かった。みんなが気持ち良く打った流れの中で打てた」。4―0の3回。低めのシンカーをすくい上げる。打球は左中間席に消えた。昨オフに日本ハムからトレード移籍し、待望の1号2ラン。自身2年ぶりのプロ通算4号だ。初回には右翼へ二塁打。巨人から現役最多の26勝を挙げ、神宮で巨人戦4連勝中だった同姓のサウスポーを砕いた。

 巨人で初参加した春季キャンプ。二岡打撃コーチと相談し「上半身と下半身のバランスが悪くなっていた。バランスを整えるため」と、背後からのトスを真っすぐ前に打つティー打撃を取り入れた。この日も試合前、ルーティンと化したメニューで調整。低めの球に体勢を崩されることなく、アーチを描いた。

1 2 3 4 5 ... 25 26





時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど