――データ流用をした担当者の聞き取り状況は。

 柿沢信行執行役員 「社内で立ち上げた調査委員会や外部調査委員会で動機や背景を調べている。現時点の聞き取り調査では、それぞれ転用自体は認めている。ただし不都合を隠すために転用したことは否定している。杭打ち工事自体は支持層に届かずに作業を終えることはあり得ないと言っている。ただグループでやる工事の後の報告書については、日々やるべきところをまとめてやるなどルールを順守していなかったという印象がある」

 ――担当者が支持層に届いているというならば横浜市のマンションはなぜ傾いているのか。

 平居副社長 「担当者の聞き取りでは支持層に届いたと認識しているという。支持層に届かなかったという証言はひとつもでていない。届いていないものを届いたとごまかしたのか、もしくは支持層に届いたと誤認したのかはわからない。マンションに不具合が出ているのは事実。そのため杭が現状どうなっているかを調べたい」

出典旭化成の平居副社長 「経営責任、強く感じる」 :日本経済新聞

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

横浜市の大型マンション傾く 三井住友建設 旭化成建材 経過と関連銘柄

関連銘柄:三井住友建設、旭化成、ジャパンパイル、アジアパイル、日本コンクリート、三谷セキサン

このまとめを見る