傾いていることが判明した横浜市のマンションでくい打ちを手掛けた旭化成建材(東京)とは別の建設会社の関係者が、7日までの共同通信の取材に「自分もくい打ちのデータを流用したことがある」と証言した。工期厳守を求める元請けのプレッシャーを感じ、やむを得なかったとし、一連のデータ改ざん問題は「旭化成建材だけの話ではない」と強調した。

 データ改ざんが業界全体の問題となれば、建物に対する市民の不安はさらに増すことになる。国土交通省はまず旭化成建材による改ざんの原因を究明し、他社にも調査を広げるかは有識者委員会で検討する方針。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

横浜市の大型マンション傾く 三井住友建設 旭化成建材 経過と関連銘柄

関連銘柄:三井住友建設、旭化成、ジャパンパイル、アジアパイル、日本コンクリート、三谷セキサン

このまとめを見る