1. まとめトップ

【電化製品】どのエスプレッソマシーンを買おうか迷っているあなたへ!

たくさんありすぎてどのエスプレッソマシーンを買っていいかわからなくなりますよね?しかも安くはない物なので失敗したくないですよね?そんな悩みどころ満載のエスプレッソマシーンについてまとめみました。電化製品は日々新しくなるので、毎月更新していきますので是非チェックしてみてくださいね。

更新日: 2015年10月20日

13 お気に入り 5351 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

eldさん

はじめに

たくさんありすぎてどのエスプレッソマシーンを買っていいかわからなくなりますよね?
しかも安くはない物なので失敗したくないですよね?
そんなエスプレッソマシーンを選ぶ助けになりそうな情報をまとめてみました。

皆さんの心の声(twitter)

しっかりと抽出されたラテは美味しい。エスプレッソマシーンの魅力

かぷちーーーーーのおいしかったな、飲みたいな、エスプレッソマシーン家に欲しいな← pic.twitter.com/VAOiGMhJ1V

引越し先の家カウンターキッチンだったらエスプレッソマシーンほしいなあ…とことん癒しの空間にしたい!

エスプレッソマシーンはまず大きく4つの種類に分けられます。

【1】パウダー式(セミオート)

フィルターに自らコーヒーパウダーを詰めて抽出をする、最も典型的なエスプレッソマシン。

他の方式に比べて使用できる豆の種類が多かったり、自分なりに色々と工夫をすることにより味に変化を与える事ができ
る、最も多くの可能性を秘めた方式である。
殆どの機種がスチームノズルを装備しており、ミルクをスチーミングすることでカフェラテやカプチーノ、キャラメルマキアートなどもこ
れ1台で作る事が出来る。

まずは初心者にも安心して使えるものとして、一般的に普及している電気式の家庭用エスプレッソマシンを大きく分類すると概ね下記の4種類の方式に分ける事ができる

【2】カフェポッド式

直径44mmの丸い座布団型の紙パックに、コーヒーパウダーが封入されたカフェポッドと呼ばれているものをマシンにセットして抽出
をするタイプ。
パウダー式の粉詰めに関する手間を省く事ができ、誰にでも容易にエスプレッソを抽出する事ができる。

【3】カプセル式

ネスレから販売されている「ドルチェグスト」や「ネスプレッソ」がこれにあたる。
専用のカプセルをマシンにセットして、レバーやスイッチを操作するだけでエスプレッソやカプチーノが出来上がる。
最も手軽で誰にでも簡単に安定した味を出す事ができるのだが、反面、ドルチェグストにはスチーム機能が無いので、メニューに
アレンジを加えるという点では限界がある。

【4】全自動式

マシンにコーヒー豆と水をセットしておくことで、ボタン一つで豆を挽き、粉詰め、抽出、豆カスの排出を全て自動で作業してくれる。
また、エスプレッソ抽出は全自動であるのに対し泡立てミルクは手動で作るものと、全自動で作ってくれる機種がある。

結局どれがいいんだろう?

本格的に淹れてみたい、プロのバリスタのように自分で粉を詰めて作ってみたいと言う方はオーソドックスなパウダー式だろう。
安定的に美味しいエスプレッソを作れるようになるには少々のコツとセンスが必要とされるが、それだけに美味しく作る事が出来る
ようになった時の感動も大きい。

面倒な事は避けたいが、挽きたてのエスプレッソが飲みたいとか、自分で好きな豆を自由に使ってみたいと言う方は、豆から挽いてエスプレッソを抽出するタイプの全自動式がお勧めだ。

但し、全自動とはいってもカプチーノを作る際に欠かせないスチームミルクはマシンに備え付けのスチームノズルを使用して自分で作るのが一般的なので注意する点があります。

スチームノズルによって作られたスチームミルクと、マシンによって自動で作られたスチームミルクは別物であり、スチームノズルによって手作業でミルクスチーミングされたものにはかなわない

自動的に作り出されたスチームミルクの場合は撹拌がされていないため、この甘みが作り出されない。また、ミルクの温度を自分で加減する事もできないので、お好みで熱々にすることもできない。

特に牛乳も使わずにカプセルだけでカプチーノが完成してしまうのはこのドルチェグストだけ。
専用のカプセルは全国のセブンイレブンで買うこともできる。

まとめ

いかがでしたでしょうか?という私も今エスプレッソマシーンの購入を考えています。結構高いので尻込みしてしまっていますが...。デロンギのMC860Eが買えればいいなぁと妄想しています!

1 2