1. まとめトップ

歯科矯正のリスクとは?歯肉後退とブラックトライアングルの形成

歯科矯正をする時には、歯肉の下の骨の量を確認しておかないと大変な事になりますね。骨がないところに歯を移動すると、必ず歯肉後退を起こしてしまいます。歯肉後退とブラックトライアングルの形成についてまとめました。

更新日: 2017年09月01日

0 お気に入り 25866 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

歯肉が後退によるブラックトライアングルの出現

上の前歯は、笑った時に目立つので、ブラックトライアングルを改善したい場所でもあります。歯の形を変えたり、歯肉再生手術などの手法があります。いずれも、慣れた歯科医の先生を探すべきでしょう。

このような形になると、完全に再生させるのは非常に難しいです。本来は、歯科の矯正と並行して歯肉再生手術や葉の形を整えるのがいいのです。ただ、このような状態でも歯科医によって見た目の改善は可能です。

下の歯は、やはり歯肉の後退を起こしやすい部分でもあります。歯科矯正の前に歯肉を再生する手術を受けるなどで、歯肉を埋める必要があります。

手術回数が多い事による弊害

歯間乳頭とは歯と歯の間の部分の歯肉で、一般的に歯間部が歯間乳頭で埋まっていると美しく、若々しく見えます。

骨移植などのために歯間乳頭部にメスを入れる手術回数が多いと、歯間部の骨の吸収が大きくなり歯間乳頭も退縮するということでした。

ブラックトライアングルの消失

骨の状態さえ良い位置にあれば、歯ブラシで2年ぐらいかけて、ブラックトライアングルが消失する事も期待できます。

歯並びが悪い事による歯茎の後退

前歯などの歯肉後退は、歯並びが悪い事によるものが多そうです。

歯肉の再生治療

歯茎の再生と言っても、再生できる範囲は、歯科医の術によって異なりますが、どちらかというと高さより厚みの方が得られるので、1-2ミリが限界と考えられます。複数回やる方法もありますが、歯間乳頭部が後退する可能性もあるなどリスキーです。

歯周病による骨の消失

普通の歯科医なら抜歯する症例ですが、骨を再生させることができる歯医者に行けば、人口の骨を詰めて、歯を保てる場合があります。

骨が失われたところに「エムドゲイン」というものを注入して、再生を促しています。

歯周病に注意するべき

1