1. まとめトップ

キラキラネーム?トヨタクラウンの名付けがすごいと話題

最近、個性的な色で驚かせてくれるトヨタクラウン。少し前には「ピンク」という驚きの色で盛り上がりました。今回は、キラキラネームだと話題になっています。カタカナの色名と合わせて見ると名付けのイメージがわかりやすいかも。

更新日: 2015年10月26日

2 お気に入り 6150 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

せれくとさん

60周年を迎えたトヨタクラウン

トヨタ自動車を代表する、また、日本を代表する車種のひとつである。トヨタの量販車種の中でも最上級モデルの地位を長く担い、「いつかはクラウン」というキャッチコピー(1983年に登場した7代目で用いられた)等にも象徴されるように、一般に高級車として認知されている。

2012年12月25日発売。
クラウン ロイヤルサルーンG

2012年12月25日発売。
クラウン アスリートG

驚きのピンクがCMに登場 どこでもドアの色はモモタロウ色

【新型クラウン】社長の豊田も驚いた!新型に設定される外板色に"ピンク"です。本当に販売します。まさにドラえもんの「どこでもドア」の色です。bit.ly/12LSKZ0 pic.twitter.com/xtROyAo8

2013年9月1日(日)から30日(月)までの1カ月間、期間限定で注文を受け付け

残念ながら内装色は和風の名前ではありませんでした

クラウン誕生60周年記念特別仕様車

2015年4月1日(水)から30日(木)までの1カ月間、期間限定で注文を受け付け

空色(そらいろ)とは、昼間の晴れた空を思わせる紫みの薄い明るい青色のことです。「天」とかいて「そら」と読んだり、『真空色 まそらいろ』『空天色 くうてんしょく』『碧天 へきてん』とも書かれました。

2015年4月1日(水)から30日(木)までの1カ月間、期間限定で注文を受け付け

若草色(わかくさいろ)とは、早春に芽吹いた若草のようなあざやかな黄緑のことです。平安時代から見られる伝統的な色で、色名の「若」には新鮮な、未熟な、新しいなどの意味があり、春の訪れを感じさせる明るく鮮やかな緑色を形容しました。

「キラキラネーム」と話題の塗装色

キラキラネームの意味も調べてみました。
多分、こんな感じかなって思います。

#クラウン アスリートに、「ジャパンカラーセレクションパッケージ」をオプション設定。「ときの移り変わりを表す日本の色」をコンセプトに、全12色を新規設定しました!色の漢字名、いくつ読めましたか? #Toyota #トヨタ pic.twitter.com/gjZ6wOdFxV

出典toyota.jp

リッチレッドクリスタルシャインガラスフレーク

紅色(くれないいろ、べにいろ)は、キク科の紅花の汁で染めた鮮やかな赤色のこと。古名で「韓紅花(からくれない)」とも言い、この呼称は現代も使用されている。

出典toyota.jp

ローズメタリックオパール

ほの‐か【×仄か/▽側か】
1 わずかにそれと認められるさま。かすか。「―に見える人影」「―な残月の光」「花の香りが―にただよう」
2 心や意識がぼんやりしているさま。かすか。「―に記憶している」「―な恋心」
3 量や程度がわずかなさま。「―な期待を寄せる」

色の名前ではなく色の様子?

茜色(あかねいろ)とは、茜草の根で染めた暗い赤色のことです。夕暮れ時の空の形容などに良く用いられることで知られています。

出典toyota.jp

ピュアブルーメタリック

空色(そらいろ)とは、昼間の晴れた空を思わせる紫みの薄い明るい青色のことです。「天」とかいて「そら」と読んだり、『真空色 まそらいろ』『空天色 くうてんしょく』『碧天 へきてん』とも書かれました。

天色(あまいろ)とは、晴天の澄んだ空のような鮮やかな青色のことです。『真空色 まそらいろ』の別名も。「天」は「あめ」とも読まれますが「あま」と読むのが一般的です。

天空色(てんくういろ)は見当たりませんでした

出典toyota.jp

ダークブルーマイカメタリック

群青色(ぐんじょういろ)とは、紫みがかった深い青色のことです。ちなみに群青とは、その名のとおり青が群れ集まるという意味です。本来は鉱物の瑠璃(ラピスラズリ)のことをいいました

1 2