一方、ドイツのサッカー専門誌キッカー(電子版)は20日、FIFA倫理委員会がサルマン氏に対し、地元バーレーンでの人権侵害問題に関わった疑いで調査を始めたと報じた。

出典サルマンAFC会長が立候補検討 連盟内の意見聞いて決定 — スポニチ Sponichi Annex サッカー

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

混沌とするFIFA会長選、乱立する立候補も不祥事だらけ

金銭問題に揺れるサッカー界の改革をけん引するのは誰になるのか。ジーコはプラティニは断念。サルマンの副会長、ヨルダンのアリ王子、欧州連盟(UEFA)事務総長インファンティノ氏、元FIFA事務総長代理シャンパーニュ氏、リベリア協会のビリティ会長、南アフリカの実業家セクワレイ氏とは。

このまとめを見る