出典 soccer-soku.net

プラティニ

現役時代はフランス代表やユヴェントスで活躍し、“将軍”の愛称で知られている。引退後は同代表を率いた後、フランスサッカー連盟の副会長などを努め、2007年1月にUEFA(欧州サッカー連盟)会長に就任(FIFA副会長兼任)。今回の会長選では有力候補とみられていた。

この情報が含まれているまとめはこちら

混沌とするFIFA会長選、乱立する立候補も不祥事だらけ

金銭問題に揺れるサッカー界の改革をけん引するのは誰になるのか。ジーコはプラティニは断念。サルマンの副会長、ヨルダンのアリ王子、欧州連盟(UEFA)事務総長インファンティノ氏、元FIFA事務総長代理シャンパーニュ氏、リベリア協会のビリティ会長、南アフリカの実業家セクワレイ氏とは。

このまとめを見る