出典 news.goo.ne.jp

アリ王子

ヨルダンサッカー協会や西アジアサッカー連盟の会長、そしてFIFAの副会長も務めている。前回の会長選では最終的にブラッター会長と1対1となり、2度目の投票の際に辞退。当時は世界各地から支持されていたが、プラティニ氏について「ブラッターの息子」と発言し、ヨーロッパからの支持を失ったとされている。

この情報が含まれているまとめはこちら

混沌とするFIFA会長選、乱立する立候補も不祥事だらけ

金銭問題に揺れるサッカー界の改革をけん引するのは誰になるのか。ジーコはプラティニは断念。サルマンの副会長、ヨルダンのアリ王子、欧州連盟(UEFA)事務総長インファンティノ氏、元FIFA事務総長代理シャンパーニュ氏、リベリア協会のビリティ会長、南アフリカの実業家セクワレイ氏とは。

このまとめを見る