UEFAは声明で、「ジャンニが立候補したことを喜んでいる」とすると、「ジャンニはUEFAで素晴らしい仕事をしている。トップクラスの役員として業績は折り紙付きであり、世界中のサッカー関係者と友好関係を築いている」と続けた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

混沌とするFIFA会長選、乱立する立候補も不祥事だらけ

金銭問題に揺れるサッカー界の改革をけん引するのは誰になるのか。ジーコはプラティニは断念。サルマンの副会長、ヨルダンのアリ王子、欧州連盟(UEFA)事務総長インファンティノ氏、元FIFA事務総長代理シャンパーニュ氏、リベリア協会のビリティ会長、南アフリカの実業家セクワレイ氏とは。

このまとめを見る