2015年5月29日に行われた前回のFIFA会長選では、ゼップ・ブラッター現会長が5期目となる再選を果たした。しかし、直前に発覚したFIFA幹部の汚職問題などで多くの批判を浴びたため、同会長は4日後に「FIFAには大きな改革が必要だ」とし、辞意を表明。

出典FIFA会長選の立候補届け出が締め切り…出馬を表明した8名の経歴とは (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

混沌とするFIFA会長選、乱立する立候補も不祥事だらけ

金銭問題に揺れるサッカー界の改革をけん引するのは誰になるのか。ジーコはプラティニは断念。サルマンの副会長、ヨルダンのアリ王子、欧州連盟(UEFA)事務総長インファンティノ氏、元FIFA事務総長代理シャンパーニュ氏、リベリア協会のビリティ会長、南アフリカの実業家セクワレイ氏とは。

このまとめを見る