・育成選手とは日本選手権へ出場可能な支配下登録を目指すため、野球技能の錬成向上およびマナー養成を目的とした選手の事を言う。
・支配下登録選手(原則上限70人。ただし球団の合併や解散などがあった場合は上限80人)が65人以上いるチームが獲得できる。
・期間は3年とする(7月1日以降育成選手を採用した場合はそのシーズン(7月1日-12月31日まで)はカウントしない)。
・最低年俸は240万円となっている。更新した場合も同様とする。また、新人選手には支度金として標準300万円が支払われる。原則として1年間の年俸を表しているが、学校卒業見込の者は3月1日からとする。
・背番号は3桁の数字とする。支配下登録選手に変更する場合、背番号を1桁(0を含む)または2桁(00を含む。01〜09は不可)に変更しなければならない。
etc...

出典育成選手制度 (日本プロ野球) - Wikipedia

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【プロ野球】2015年ドラフト会議育成枠ドラフト指名全選手

10月22日に行われた「プロ野球ドラフト会議2015 supported by リポビタンD」において育成ドラフトで指名された全選手の簡単なまとめです(3/28長谷川投手支配下契約につき追記)

このまとめを見る