1. まとめトップ
  2. 雑学

いくつ知ってる?『意外すぎる意味を持った英単語』10選

一般的によく知られている基本的な英単語の「意外な意味」と「その語源」を掘り下げてみました。ちょっとした雑学、または受験英語の知識としてどうぞ。 ※俗語的なものは除きます。

更新日: 2015年12月04日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2102 お気に入り 372301 view
お気に入り追加

1.【fine】… 「素晴らしい」のイメージが強い

He got off with a $100 fine for speeding.

出典「罰金」に関連した英語例文の一覧 - Weblio英語例文検索

彼はスピード違反をしたが 100 ドルの罰金で放免になった。

「元気のある、すばらしい」という意味の fine と、「罰金、~に罰金を科す」の fine では、間に入ったフランス語は違うのですが、どちらの fine も、ラテン語の finire (= finish ~を終わりにする) に由来しています。

名詞の「罰金」は「終わり」とどう関係があるか。これは「負った罪を金を払ってチャラにする」という極めて現実的な発想。

finis(終り)の派生語→finish終える, final最後の, fine(改良の終り→良い,細分化の終り→細かい,清算金→罰金), finite有限の, finance(最後に精算する→金融) bit.ly/l18buz

2.【book】…「本」のイメージが強い

bookは「予約する」の意味で頻繁に使われます。日本語でも「ブッキング」という言葉を使いますよね。ブッキングとは「booking」なわけです。

reserveとの違いはほとんどない。reserveは「取り置く」のニュアンスがあり、未確定要素が強いが、bookは確定要素が強い。

"book"の語源とされる言葉はbeech(ブナの木)で、ブナの木の皮に文字を記したのが始まりと言われています。その後、紙を束にして綴じ合わされているものはすべて"book"と呼ばれるようになり、宿の予約を紙の束に書き留める行為も"book"と言うようになったというわけです。

3.【will】…「未来時制」のイメージが強い

My father left me a lot of money in his will.

出典Tanaka Corpus

私の父は遺書の中で私に多額のお金を残して死んだ。

助動詞 will は古英語 willan に由来します。古英語 willan は「欲する、望む」の意。

“Living Will”(遺言)は、もし植物人間などになって、自分で判断をくだせなくなった場合に生命維持装置をつけないで欲しいとか、妻(夫)に全ての判断を委ねるなどと明記したもの。

生きながらも、自分が亡くなってからの「意志」を伝える意味で「遺書」。

4.【well】…「上手に」「えっと~」の意味が強い

The well is dried up.

出典斎藤和英大辞典

井戸が涸れた。

wellという言葉の意味ですが、(1)井戸 (2)上手に (3)よく (4)(口語表現で)ええと… ,の意味があります。それぞれの意味はかけ離れている様に思います。私はこのように考えた方がしっくりくると思います。well=(深い)です。

その理由としては、
(1) 井戸=井戸は深くまで掘られた穴でそこから水をえるもの=深いもの=深い。
(2) よく= I know her well.(私は彼女をよく知っている) 
よく知っているということは、彼女の名前、見た目、とかだけではなく彼女の性格や、好きな物、住んでる場所、など彼女のことをよく=深く知っているということ。よく=隅々まで=深くになります。

「ええと…」の意味でのwellは、頭の中で「深く」思案しているイメージ。

5.【fire】…「火」のイメージが強い

fire(火)→火(薬)によるgunの「発射」。You're fired.とは、gunの中に弾丸ではなく社員を入れて「発射」して会社の外へバーンと追い出すイメージ。

You are fired.を直訳すると、「あなたは(弾丸のように銃で)発射されている」。つまり「あなたは解雇される」。

6.【run】…「走る」のイメージが強い

My little sister runs an Italian restaurant.

僕の妹は、イタリアンレストランを経営している。

runのコアの意味としてこうあります:「ある方向に連続して(すばやく滑らかに)動く」。単に「走る」ということばではどうも表現しきれない。

産業革命に先立つこと約2世紀、当時普通に見られる機械装置といえば、水車小屋の製粉機だったと思います。runとmillが結びついて、A mill runsやrun a millという表現が生まれたのだと思います。その後産業革命で、多種の機械装置が発明され、それを組み合わせて使う工場が登場し、「機械を運転する」、「工場を運営する」、さらには「会社を経営する」につながったのではないかと推測します。

run a company 会社を走らせる→会社を経営する。

1 2





世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。



  • 話題の動画をまとめよう