1. まとめトップ

2016西武ライオンズの新戦力一覧!! 多和田真三郎 、川越誠司や助っ人外人他

多和田真三郎 川越誠司 野田昇吾 大滝愛斗 南川忠亮 本田圭佑 呉念庭 國場翼 藤田航生 松本直晃 李振昌 アンディ・バンヘッケン フェリペ・ポーリーノ

更新日: 2016年05月31日

0 お気に入り 14470 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

6daimessさん

多和田真三郎

多和田選手の幼なじみの新垣香乃美さんと新垣優音さんは「右肩痛で一時期投げられないときがあったと聞き心配していた。小さいころの夢が叶い自分のことのようにとてもうれしい」と大喜びだった。

球団はすでに多和田が富士大での4年間背負ってきたエースナンバー「18」の提示を決めている。西武では近年、郭泰源、松坂大輔、涌井秀章が受け継いできた背番号。

大きなステップ幅のフォームから、最速151キロを繰り出す。渡辺久信SDには「誰かに似たタイプではなくオンリーワン。必ずローテに入り、勝てる投手になる。チームの柱として活躍して欲しい」

「プロになる実感が湧いてきた。ローテに入ってもらいたいと言ってもらったので、早くそうなれるように。目標は毎年10勝です」と堂々とした表情で語った。

多和田真三郎(投・富士大) ホント意味わからん股関節の柔らかさ pic.twitter.com/bjZZpSFefG

多和田は1回0/3でも非常に楽しみ。問題あったかな?銀のリードがあまりにも単調すぎだろとは思ったんだけど… 高橋光成、佐藤勇、多和田真三郎と楽しみな若手を今後も使ってほしい。

川越誠司

「上位指名を決めたのはドラフト前日ですが、他球団は野手としても評価しており、3位だと危ないと思った。うちは左投手として潜在能力を高く評価し2位で行った」と鈴木本部長は明かした。

西武2位川越を渡辺SD絶賛「野性味あって楽しみ」: がっしりとした体から繰り出す力強い速球で、西武黄金期を支えた“トレンディーエース”のハートを射止めた。今秋のドラフト会議で西武から2位指名を受けた北海学園大の川越誠司投... bit.ly/1HerGK7

野田昇吾

167センチの体がマウンドで大きく見える。中日もリストアップしている左腕が、その中日の2軍相手に好投した。7回からマウンドに上がり、ストレートと小さく鋭く曲がるスライダーで3人をピシャリ。

は、鹿実にいた野田昇吾ドラフト指名されたんや!かんどーかんどーや

大滝愛斗

花咲徳(外野手)
178cm82kg 
右投げ右打ち
遠投120m 50m6秒0

2015甲子園で8強入りに貢献。2回戦・三沢商戦では50メートル6秒の俊足を生かし、高校通算28号となるランニング本塁打を放った。3試合で通算打率5割を残すなど、長打と確実性を兼ね備える。

、広島・尾形スカウト:「バッティングは力が入りすぎて詰まっているが、肩と足があって体も強いのは大きな魅力」

西武ドラ4大滝、内川目指す「ミート力高い選手に」: 西武のドラフト4位、花咲徳栄・大滝愛斗外野手(18)が27日、加須市の同校で前田俊郎編成部育成アマチュア担当部長、大島裕行育成アマチュア担当の指名あいさつを受けた。… goo.gl/aN7fyv

南川忠亮

JR四国(投手)
180cm78kg 
右投げ右打ち
MAX150キロ

南川投手は高松市出身。香川県立高松工芸高校卒業後、JR四国に入社し6年目。最速145キロの直球と、打者の近くで落下する変化球(フォークボール)が武器。

西武岡本洋介投手が2軍降格、南川忠亮投手が1軍に初合流(日刊スポーツ) #npb

離脱が相次ぐ投手陣ですが、ルーキーズからついに1軍デビュー第1号が!ドラ5右腕・南川忠亮投手です。ファームでは12試合登板、防御率は2点台なので1軍で試す価値は十分♪サンフレッチェの座を奪取する位の活躍を期待してます!頑張れ好青年パパ♪ヽ(´▽`)/ #seibulions

本田圭佑

東北学院大(投手)
179cm82kg 
右投げ右打ち
MAX147キロ

「呼ばれた時はホッとした」と振り返った。仙台6大学リーグでは通算15勝7敗で179センチ、82キロの体から、最速147キロのキレのある直球を投げ込む右腕だ。サッカー日本代表本田圭佑と同姓同名。

今さら言うまでもなく、その名前はインパクト絶大だ。ロッカーで中村剛也内野手にあいさつすると「出た! 本田圭佑」とすでに覚えられていたというのだから、これは大きなメリットといえる。

呉念庭

第一工業大(二塁手)
178cm75kg 
右投げ左打ち
遠投110m 50m5秒8

1 2