1. まとめトップ

【マンガ】 名探偵コナンの登場人物 一覧 全86キャラクター (画像、声優、性格など)

名探偵コナンの登場人物全86キャラクターの画像、声優、性格などについてまとめました。

更新日: 2015年10月28日

21 お気に入り 579499 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

出典vokka.jp

声 - 高山みなみ(コナン、幼年期の新一)
本作の主人公。小学生探偵として事件を解決していく名探偵である。本来は高校生探偵として名を響かせていたが、黒の組織によって試作段階の毒薬(APTX4869)を飲まされ、身体が縮んで幼児化してしまった。正体がばれて周囲に危害が及ぶのを防ぐため、阿笠博士の力を借りながら普通の小学生として生活している。

山口勝平(中学生以降の新一)、演 - 藤崎直(コナン:単発第2作、声は高山みなみ) / 小栗旬(新一:単発第1作・第2作)、溝端淳平(新一:単発第3作・第4作、連続ドラマ)

出典prcm.jp

声 - 山崎和佳奈、演 - 黒川智花(単発第1作・第2作)、忽那汐里(単発第3作・第4作、連続ドラマ)
本作のヒロイン。コナンのお姉さん的な存在で、コナンを弟のようにかわいがっている。また、幼なじみの新一の帰りを待ちながら、新一との恋愛関係も少しずつ進展している。

声 - 神谷明(第1話 - 第548話、劇場版第1作 - 第13作)→小山力也(第553話 - 、劇場版第14作 - 、まじっく快斗1412)、演 - 陣内孝則
毛利蘭の父親。「毛利探偵事務所」を経営する私立探偵。現在はコナンの活躍により「眠りの小五郎」として名を響かせている。

声 - 緒方賢一 / 田中一成(少年時代)、演 - 田山涼成
工藤家の隣人で協力者。52歳。コナンが使っているメカならびに探偵バッジの製作者でもある。愛車は黄色のフォルクスワーゲン・タイプ1。

声 - 林原めぐみ、演 - 柴田杏花(灰原:声は林原めぐみ) / 香椎由宇(志保)
元「黒の組織」のメンバーで、APTX4869の開発者。組織でのコードネームはシェリー。コナンと同様、体が幼児化したために阿笠博士の家に居候しながら小学生として生活する一方、APTX4869の解毒剤を試作中。

声 - 堀川りょう、演 - 松坂桃李
大阪を中心に活躍する高校生探偵。コナンのライバルであり、親友である。東の高校生探偵である工藤新一に対し、西の高校生探偵として名を響かせている。

声 - 田中秀幸
コナン(新一)の父親。世界に名を響かせる推理小説家で、『闇の男爵(ナイトバロン)』シリーズなど世界的大ヒット作を数多く生み出している。ゲームシナリオの執筆や、剣術アクション物『プレイ イット アゲイン』の書き下ろしなど、その活躍ジャンルは幅広い。『緋色の捜査官』で初めて映画の脚本を手掛け、マカデミー最優秀脚本賞を受賞している。しかし、多忙であるにもかかわらず、原稿執筆を放棄して勝手に海外旅行に出かけることもある。

声 - 島本須美
コナン(新一)の母親で元女優。旧姓は藤峰(ふじみね)。37歳。帝丹高校出身で、蘭の両親(小五郎・英理)とは同級生。群馬県出身。
ドラマで坂本龍馬の姉・坂本乙女を演じた際に「乙女にしては可愛すぎる」と評判になり、人気に火がつく。19歳のときに数々の賞を受賞する天才女優として伝説を残したが、優作との大恋愛の末に弱冠20歳で芸能界を引退した。夫同様のイタズラ好きであるうえ、情熱家かつ目立ちたがり屋。

声 - 置鮎龍太郎
東都大学大学院工学部博士課程の大学院生。27歳。
細目であり、眼鏡をかけている。ホームズ好き。好きな色は黒であり、同時に嫌いな色だという。
米花町の「木馬荘」というアパートに住んでいたが、別の住人による放火で全焼して住居を失ってしまったため、コナンの提案により「留守をしっかり守ること」を条件として工藤邸に居候することとなり、蘭たちや少年探偵団らとも親しくなる。

声 - 大谷育江、折笠愛(第425話 - 第436話、劇場版第10作のみ代役)

声 - 高木渉
上記3人はコナンや灰原とともに少年探偵団として活躍している。

声 - 加藤優子
帝丹小学校18期卒業生で、現在は1年B組担任。26歳。
前任の戸矢(とや)先生が結婚に伴い退職したため、代わって赴任してきた。赴任当初は前の学校での失敗から児童に厳しい面持ちで接し、児童たちからはあまり良い印象を抱かれていなかった。しかし、本当は子供好きの優しい教師であり、コナンや少年探偵団のアドバイスを受けて素に戻ってからは子供たちに慕われている。

声 - 牛山茂
帝丹小学校1年A組担任。31歳。
職員室の窓を開けた際に吹き込んだ風で、教頭がカツラを紛失する原因を作ってしまった。

声 - 白鳥由里
帝丹小学校1年B組に在籍する生徒。コナンや灰原よりも後から転校してきた。転校した直後は環境の変化に戸惑い、友達を作ることができずにいたが、小林先生の催した学級活動をきっかけにクラスに溶け込めた。
関西弁で話すのが恥ずかしくて、クラス内でほとんど話ができずにいたが、灰原の助言を機に活動的になった。一人称は「ウチ」。

出典prcm.jp

声 - 松井菜桜子、演 - 岩佐真悠子(単発第1作・第2作)、秋元才加(単発第3作、連続ドラマ)
蘭の親友で、新一と蘭の小学生時からの同級生。鈴木財閥の令嬢。

声 - 堀秀行
帝丹高校卒業生の校医。新出医院の医師。25歳。実の母親・千晶(ちあき)は4年前に事故死しており、父親・義輝(よしてる、声 - 小島敏彦)を義母・陽子(ようこ、声 - 弘中くみ子)に殺害されたため、祖母・ミツ(声 - 真山亜子)と家政婦の保本 ひかる(やすもと ひかる、声 - 平松晶子)と暮らしていた。
律義かつめんどう見の良い性格で、生徒たちからの信頼も厚い。

声 - 野田順子
蘭たちのクラスに在籍していた転校生。17歳。
中性的な容姿で、丸眼鏡を着用している。父親はCIA捜査官であるイーサン・本堂、姉はその任務を受け継いだCIA捜査官・本堂瑛海。母親は10年ほど前に亡くなるまで奥平 角蔵(おくだいら かくぞう、声 - 藤本譲)の家で住み込みの家政婦をしており、瑛祐自身もそれまで奥平家で育った。その後、瑛祐は大阪で働いていた父親に引き取られた。

声 - 日高のり子
蘭たちのクラスに転校してきた女子高生探偵。赤井秀一の妹で、彼を「秀兄」(しゅうにい)と呼んでいる。3年前からアメリカに住んでいたが、単身で帰国して以降は「領域外の妹」と名乗る謎の少女を匿(かくま)いながら、杯戸プライドホテルに在住している。
帰国後にコナンたちと出会って間もなく、帝丹高校に編入する。推理力はかなり高いものの、コナン(新一)には一歩劣る描写が見られる。秀一の影響でたしなんでいる截拳道の実力は、空手の達人である蘭と互角。

声 - 桑島法子(第361話 - 第362話)→倉田雅世(第592話)
帝丹高校3年生。18歳。空手部の前主将。蘭のことは「毛利」と呼んでいる。得意技は胴廻し回転蹴り。
来年には受験を控えているため、学校の図書館に通っている。

声 - 中田浩二
警視庁刑事部部長(階級は警視長)。56歳。左利き。小五郎の刑事時代の上司(当時は捜査一課課長)。
劇場版オリジナルキャラクター。初登場となった劇場版第4作『瞳の中の暗殺者』では息子の敏也(としや、声 - 江川央生)に事件への関与疑惑が懸けられるなど、容疑者の1人となる。その後の劇場版シリーズにも登場している。「真実を明らかにするのが警察官」という信念の持ち主で、犯罪者であれば実子でも容赦しない。

声 - 加藤精三
警視庁刑事部捜査一課に所属する管理官で、階級は警視→警視正。54歳。
目暮警部ら捜査一課メンバーの上司。終始厳しい面持ちの顔に20年前の事件で負った傷があるため、ヤクザのようにも見えるが、内面は警察官の鑑(かがみ)そのもので、正義感がとても強い。小五郎に事件を解決されるたびに肩身の狭い思いをしているらしいが、彼からは「警視殿」と呼ばれている。また、目暮の帽子の秘密を知っていた人物でもある。

長野県警刑事部捜査一課長→警視庁捜査一課管理官。階級は不明。50歳。
初登場時は警察庁から長野県警に出向していたが、人事異動により松本の後任として一課管理官に就任する。強面(こわもて)な上に大柄な体格が特徴で、長野県警の大和には「どこかの組織の大ボスみたいな面」と評されている。紅茶党。

声 - 茶風林、演 - 西村雅彦(単発第1作)、伊武雅刀(単発第2作・第3作、連続ドラマ)
警視庁刑事部捜査一課強行犯捜査三係の警部。小五郎の刑事時代の上司(当時は警部補)。

声 - 塩沢兼人(第146話 - 第157話、劇場版第1作 - 第4作)→井上和彦(第205話 - 、劇場版第5作 - ) / 本田貴子(少年時代)
警視庁刑事部捜査一課強行犯捜査三係の警部。国家公務員I種試験合格を経て警察庁入庁のキャリア組。
劇場版第1作『時計じかけの摩天楼』で容疑者の1人として初登場。元々は劇場版オリジナルキャラクターだったが、後に原作・アニメにも登場するようになった。

声 - 湯屋敦子、演 - 上野なつひ
警視庁刑事部捜査一課強行犯捜査三係の警部補。捜査一課のアイドル的存在で、格闘・射撃の達人。

声 - 高木渉、演 - 土屋裕一
警視庁刑事部捜査一課強行犯捜査三係の巡査部長。佐藤刑事を慕っており、現在は恋人関係である。アニメから原作にも登場するようになったキャラクターの1人。

声 - 千葉一伸 / 愛河里花子(少年時代)
警視庁刑事部捜査一課強行犯捜査三係の巡査部長。下の名前は不明。年齢は24歳。愛車は3代目フィアット・500。
高木刑事と同様、アニメから原作にも登場するようになった。高木の後輩であり、彼に対して敬語で会話している。
帝丹小学校の出身で、小林先生の2学年下。学生時代は柔道を選択。兄はレンタルビデオ店で働いていた。

声 - 徳弘夏生
警視庁刑事部捜査一課火災犯捜査係の警部。
小五郎が火災犯係に所属していたときの上司。無精ひげを生やし、たばこがトレードマークのハードボイルドな刑事。「一課の火事オヤジ」と呼ばれている。小五郎とは火事が起きると放火と決めつけては現場に踏み込んで、遺留品を踏み荒らしてしまうため、何度も消防から文句を言われた仲である。厳(いか)つい外見とは裏腹に人情家であり、子供にも落ち着いて接したり、ふざけた理由で放火した犯人を厳しく一喝したりする人格者。

1 2 3