1. まとめトップ
  2. ガールズ

最低限これでOK♡コンパクトな"化粧ポーチ"の中身の作り方♡

メイク道具やコスメがパンパンに入った化粧ポーチって、汚くなりやすいし、見た目もちょっと恥ずかしい…。必要最低限のアイテムでメイクポーチをすっきりさせちゃいましょう♪参考になるポーチの中身の作り方を紹介します。ミニマムにまとめても女子力はキープ!

更新日: 2016年12月21日

2199 お気に入り 1493162 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

noho3nohoさん

ポーチの中身がコスメがごっちゃり、パンパン!

アイシャドー・マスカラにファンデーション…
化粧ポーチにコスメを全部入れてないと不安!なんて人もいるのでは。

メイクポーチの中身は意外とムダなものだらけ。つい色々詰め込んでパンパンになっていませんか?

気が付くとポーチの中はいっぱいでパンパンになってる・・・そんな経験すること誰しもがあるとおもいます。

パンパンのメイクポーチは
使いづらいし、汚くなりがち。

メイクポーチ、パンパンに膨らんで汚れた”おブスポーチ”になっていませんか?

化粧品ってひとつひとつは小さいし軽いけど、集まると大きくて重いし、ポーチも邪魔になっていまいます。

パウダールームでごちゃごちゃとたくさんのコスメを取り出してメイクを直す姿は、あまりスマートではありません。

ミニマムポーチが美人に近づく♪

出典curet.jp

化粧ポーチの中が収納されてスッキリすれば整理整頓されるし、分かりやすいいいことづくめ!

人気モデルやヘアメイクさんが持ち歩くポーチを見てみると、どれも小さくてコンパクトなんです。常に美意識の高い彼女たちは、厳選したこだわりコスメでメイク直しをしているんだそう。

メイクポーチの中が散らかっていると、メイク直しに時間がかかるだけでありません。

汚れたスポンジや手入れが行き届いていないブラシでは、メイクの仕上がりも変わってきます。

全体的に化粧が崩れてから全てを直し始めるとその分時間がかかってしまうので、トイレに行ったついでにポイントだけパパっと直すのがおすすめ。

必要最小限はこの4つ!

基本的にフェイスパウダー・ティッシュ・リップ(保湿用と色付け用)・チークの4種類があれば、メイク直しは十分にできちゃいます!

メイク直しで使うものは、フェイスパウダー、アイブロウ、アイライナー、口紅やグロス、リップくらいですよね。

いつか使うかもと思ってポーチに入れているものは、思い切って出してしまいましょう。

詳しいポーチの中身は以下で紹介。
自分に合わせて、少しでもポーチをスッキリさせちゃいましょう♪

皮脂オフはティッシュでも◎

よく使いがちな油とり紙やスプレー保湿アイテムは逆に肌を乾燥させてしまうこともあるので、使い方には気を付けて。

ティッシュペーパーはメイクの必需品です。BBクリームを塗った後、フェイスパウダーをつけた後など、小まめにティッシュで押さえましょう。付けすぎを防げますし、化粧崩れの防止になりますよ。

ベースメイクは、フェイスパウダーでOK

簡単なお化粧直しなら、パウダーで抑えるだけでOKです。

メイク直しにファンデーションを使うと、どうしても厚塗りになってしまい、それがヨレの原因になることも…。

ファンデーションでのメイク直しも、実はより一層崩れてしまう原因にもなるので、ベースを整えたいときはフェイスパウダーの使用がベスト。

肌への負担も軽くなるのはもちろん、少ないメイクアイテムで自然なメイクが実現できる

コンシーラーだけで直す方法も

ファンデーションやお粉を持ち歩いている人も多いと思いますが、実はコンシーラーだけで十分なんです。

気になる部分にポイント使いすることで、メイク崩れをサッとカバーすることができます。

1 2