1. まとめトップ

気がつけば長寿番組ばかり!芸能人も憧れる所ジョージさん

本人が司会をしている番組はすべて長寿番組化する所ジョージさんは、CM出演も多いという好感度が高い代表的なタレント。「人生すべて楽しければいい」がモットーで芸能人でその生き方に憧れる人は多く、視聴者に常に安心感を与えるという稀有な存在です。

更新日: 2016年12月09日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 4001 view
お気に入り追加

■「死ね」落書き容疑で男逮捕=所ジョージさん事務所に-警視庁

タレントの所ジョージさんが所属する事務所の塀に「死ね」などと落書きしたとして、警視庁成城署は8日までに、器物損壊容疑で東京都町田市南大谷、職業不詳幸地翔太容疑者(31)を逮捕した。「(所さんの)芸能活動が気に入らず、嫌いになりやった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は11月7日午前5時ごろ、世田谷区成城にある事務所の塀2カ所に、赤色スプレーで「死刑」「電波」などと落書きした疑い。
 成城署によると、現場付近の防犯カメラの映像から幸地容疑者が浮上した。(

■名物番組「ビフォーアフター」打ち切りの裏

所ジョージ(61)が司会を務めるテレビ朝日系「大改造!!劇的ビフォーアフター」が27日の放送を最後に、レギュラー放送を打ち切ることになった。打ち切りの原因は、東日本大震災や東京五輪などの建設工事の影響で業者の確保が困難なためとしていたが、同番組をめぐっては複数の訴訟トラブルも発生。ここ数年は建築業者側も番組側の依頼を敬遠する傾向にあったという。足かけ15年間続いた名物番組に一体何があったのか。


 番組MCの所は今月7日、改装中だった事務所兼遊び場に「所ジョージ死刑」「サトラレ電波」と謎の落書きの被害に遭ったばかり。残念な形で“ビフォーアフター”されてしまったが、同番組の突然の終わりを残念がるファンは多いだろう。

「大改造――」は不便な家を匠がリフォームし、家庭内の問題を解決に導く“家族応援バラエティー”として2002年4月にスタート。06年3月にいったんレギュラー放送を休止し、不定期放送となったが、09年4月に「SEASON II」と銘打ち、再始動した。関東地区では03年3月16日に17・2%の最高視聴率を記録した人気番組だった(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 最終回は今月27日放送。来年1月の改編期を待たずしての打ち切りは異例だ。後番組について制作する朝日放送(ABC)は「未定」とし、今後は特番として放送する意向を示している。

 打ち切りの原因について、番組担当者は11年の東日本大震災と20年の東京五輪を挙げ、こう話した。

「震災復興に伴い、建設業者やリフォーム業者が東北に向いています。加えて、東京五輪に向けた建設ラッシュが始まっており、番組で業者を集めるのが困難になってきました。我々としても震災復興と東京五輪の成功は重要なことと考えているので、無理は言えません。かれこれ5年ほど前から、番組内で発表する工期に狂いが生じるリスクが高まっており、週1回のレギュラー放送の継続は困難と考えました」

 一方、同番組は様々なトラブルも抱えていた。今年7月には番組側の指示で追加工事を行ったものの、その代金が未払いだとして、工事を担当した愛知県の建設会社が朝日放送などに約2900万円の損害賠償を求める訴えを起こした。

訴状によると、改修したのは14年7月に放送された岐阜市の住宅。当初の費用は約2200万円だったが、制作会社などから追加工事を指示され、さらに約2700万円の追加費用がかかった。制作会社と交わした覚書では、予算を超える恐れが生じた場合、話し合うことになっていたが、協議の場は設けられず、追加費用は支払われていないという。

 テレビ関係者は「ニュースになっていない訴訟もあると聞いています。年々制作費が削られるテレビ局において、高額訴訟を抱えるのは好ましくない。そうした背景も打ち切りの遠因にあるのでは?」と指摘する。

前出の番組担当者は訴訟トラブルと打ち切りの関連性について「全くの別問題と考えております」と否定した上で「現在も係争中であり、弊社としては真摯に対応していく所存です」とした。

 このほか、同番組の名をかたった悪質なリフォーム工事詐欺も横行。番組ホームページ上でも注意勧告している。

「放送開始当初は“テレビ効果”で、番組に出たリフォーム業者に仕事の依頼が殺到するなどの恩恵があったが、最近は復興工事や五輪関連の仕事の方が圧倒的に金になるので敬遠される傾向にある。また番組側の指示が無理難題で『割に合わない』とグチる業者も出てきた。週イチのレギュラー放送だけに納期や撮れ高のプレッシャーはハンパではなく、現場のスタッフはいつも疲れていた」(関係者)

■「劇的ビフォーアフター」14年の歴史にいったん幕…今後は特番

所ジョージ(61)がMCを務めるテレビ朝日「大改造!!劇的ビフォーアフター」(日曜後7・58)が27日、「SEASONII」レギュラー放送の最終回を迎えることが25日、分かった。14年間の歴史にいったん幕を下ろす。

 不便な家を匠がリフォームし、家族の問題を解決に導く家族応援バラエティーとして人気を博した。2002年4月にスタート。06年3月にいったんレギュラー放送を休止し、不定期放送に。09年4月から再始動した。

 後番組について制作の大阪・朝日放送は「未定」とし、今後は特番として放送する意向。関係者によると、東日本大震災や東京五輪などの建設工事の影響から、番組内の工期が遅れるなどレギュラー放送が困難になったという。

■世田谷ベースに落書き 所ジョージは誰に恨まれているのか

テレビで目にする限り、人から恨みを買うタイプには見えないだけに余計に不気味な事件である。

 東京・世田谷区成城にある所ジョージ(61)の所属事務所の壁面に「死刑」などと赤いスプレーで落書きがされているのが見つかり、事務所が警視庁成城署に被害届を提出したことが明らかになった。

 落書きは今月7日の朝、計3カ所で見つかり、事務所関係者が警察に通報。壁や道路に「所ジョージ死刑」「サトラレ電波死刑」「サトラレ電波」という意味不明の文字が残されており、事務所のインターホンにもマジックで「死」と書かれていたという。

所属事務所は「世田谷ベース」と呼ばれ、所ジョージ的なモノの考え方や、ひらめいた遊び、楽しみ方を発信する仕事場兼遊び場の総称。所が所有するアメ車やバイクなどが並べられており、ビートたけしや木梨憲武、奥田民生などが遊びに訪れる憩いの場としても知られている。また、BSフジの番組「所さんの世田谷ベース」の収録もここで行われている。

「現在は世田谷ベースの改築の真っ最中で、工事車両の出入りなどは見かけましたが、ご近所トラブルとかは聞いたことがない。番組収録のため出入りするスタッフの数は多いので閑静な住宅街で目立っていたのは間違いありませんが、気味の悪い事件です」(近隣住民のひとり)

所といえば芸能界屈指の大金持ちでも知られ、世田谷だけでなく山中湖や沖縄などにも「ベース」と称する広大な別荘や不動産を所有している。これまでトラブルらしいトラブルといえば、元マネジャーに5000万円を持ち逃げされた一件が09年に発覚したが、その際も元マネジャーを刑事告訴しなかったため“金持ちケンカせず”といわれたものだ。

 落書きは通り魔的な犯行なのか、それとも人知れず恨みを抱かれていたのか――。

■所ジョージさん事務所に「死刑」落書き 警視庁が器物損壊容疑で捜査

タレントの所ジョージさんの所属事務所(東京都世田谷区成城)に「死刑」などと落書きがされているのが見つかり、事務所が警視庁成城署に被害届を提出していることが15日、分かった。同署が器物損壊事件として調べている。

 成城署などによると、赤色のインクのようなもので書かれた落書きが計3カ所で見つかった。事務所東側の壁には「所ジョージ死刑」という文字が、西側の壁と道路にはそれぞれ「サトラレ電波死刑」「サトラレ電波」という意味不明の文字が記されていた。事務所のインターホンにもマジックで「死」と書かれていた。

 事務所の関係者が7日午前9時ごろに発見、110番通報した。前日の午後10時半ごろまでは落書きはなかったといい、成城署が周辺の防犯カメラの画像などを調べている。

■所ジョージから受けた感動の言葉

モデルの佐藤栞里が5日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(毎週土曜ひる12時~)にゲスト出演。「朝まで共にした」という人物とのエピソードを語り、スタジオを盛り上げた。

タレントの所ジョージが司会を務めるバラエティ番組「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」(同局系、毎週水曜よる7時56分)の人気コーナー「朝までハシゴの旅!」を機にブレイクした佐藤。「最近1番感動したのは所さんと朝まで共にしたこと」と発言し、MCの久本雅美らから「言い方!言い方!」「誤解しないでね。お仕事の話よ」とツッコミを入れられつつも、「『朝までハシゴの旅!』で所さんとご一緒してすごく感動した」と所から受けた感動の言葉を紹介した。

「笑ってコラえてのサブMCは進行だったり、タイトル振りだったりなので『もしかしたら手応えを感じられないかもしれないけど、あなたはここに立ってるだけですごいんだから、自信を持ちなさい』って言葉をかけていただいた」と感激の思いを熱弁。「それまで不安だったけど、その言葉で『ここにていいんだ』と思えるきっかけになりました」と勇気づけられたことを明かした。

所との愛情あふれるエピソードにいとうあさこ、三吉彩花らスタジオメンバーも驚きと感動の声をあげるなか、久本は「伊野尾、ボーっと聞いてんじゃないよ!」と和みキャラな伊野尾慧に鋭いツッコミ。伊野尾は「俺も心折れそうですよ!俺にもそういう(感動的な)こと言ってくださいよ」と訴え笑いを起こしていた。

■芸能界イチの金持ちと噂される所ジョージ 収入は5億円はくだらない?

先日の3連休、お台場で開催された「『所さんの世田谷ベース』アメリカン・ピクニックデイ2016」。「世田谷ベース」とは、所ジョージ的モノの考え方や、ひらめいた遊び、世の中の楽しみ方を発信する情報基地である仕事場兼遊び場の総称。同所で収録する番組「所さんの世田谷ベース」(BSフジ)も放送中。ビートたけし、木梨憲武、奥田民生ら友人たちの憩いの場にもなっており、同イベントでは所の愛車やバイクの展示、フリーマーケットなどが催された。

「イベントは今年で3回目ですが、家族連れなどで盛況。キャップやステッカー、Tシャツなどの公式グッズが飛ぶように売れました」(イベント関係者)

 それにしても、展示されたのは、コルベットをはじめ所が所有する名だたる高級車ばかり。現在は「所さんの目がテン!」(日本テレビ)、「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」(同)などテレビで7本のレギュラーを持つとはいえ、20台ともいわれる所有車の維持費や税金、沖縄の広大な別荘の経費などカネ食い虫だらけだが……。

「昔、携帯電話会社の権利に出資したのが大化けして配当金が月に億単位というウワサもありましたが真偽のほどはわかりません。それでも個人事務所に入ってくるテレビのギャラやCM収入だけで5億円はくだらないはず。夫人が管理する事務所は節税対策もバッチリで、所個人の収入は年収1億5000万円ほどですが、沖縄の東京ドーム3個分ともいわれる別荘は登記上の使用目的は個人事務所社員のための福利厚生施設になっている。だいたい、高級住宅街の成城に畑を持っていて野良仕事で熱中症になるのは所くらいしかいない。趣味に使う金はうなるほどある」(テレビ関係者)

「芸能界イチの金持ちは実は所ジョージ」(別のテレビ関係者)という声も納得である。

■所ジョージ冠番組打ち切りに疑問…ナゼ五輪に便乗しない?

タレント・所ジョージ(61)のTBS系冠バラエティー番組「所さんのニッポンの出番」(火曜午後7時)が、今秋の改編で終了することが分かった。

 番組は2014年10月に開始。“世界から見た日本の魅力の発見”をテーマに、日本の企業やグルメ、伝統工芸などを取り上げている。番組セットも日の丸をモチーフにしており「日本」を強調している。同局の小林由未子アナウンサー(26)が進行、タレントのビビる大木(41)、「KAT―TUN」中丸雄一(32)がレギュラーだ。

 視聴率はこのところひとケタ台と低迷していたため、ついに放送開始から2年での打ち切りが決まったが、TBS局内ではこの判断に「リオデジャネイロ五輪の盛り上がりに便乗できずに終了なんて…」と失笑が漏れている。

「今回の五輪で日本選手団は、競泳と柔道を中心にメダルラッシュ。前回のロンドン大会以上の成績は間違いなく、日本という国に対する視聴者の注目が改めて高まっている時期です。『所さん――』は“日本の魅力の発見”を主題にしているから、五輪の盛り上がりに飛びついて番組で取り上げてもいいのに終了するとは、あまりにも間が悪い。メダルを獲得した日本選手の素顔、指導した監督や支えた家族、企業、秘密のスポーツ用品などを取り上げれば視聴率アップも期待できたはずでしたが…」(TBS関係者)

 制作会社関係者は「リオ五輪の開幕前も開幕後も平常通りの内容で融通が利かなかった。五輪関連番組の視聴率が軒並み20%近くをたたき出して、視聴者は興味を持っているのに…」と首をひねっている。

■所ジョージ、暴言連発で報道陣絶句…違法行為擁護発言も

ロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫騒動で揺れに揺れたベッキー。先月放送のテレビ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に出演し、SMAP・中居正広を前に長時間にわたり一連の経緯や心境を吐露しつつ釈明し話題を呼んだ。

 そんな波紋を呼んだ番組放送直前の5月11日、所ジョージが「ドリームジャンボ宝くじ」発売記念イベントに出演し、ベッキー不倫騒動について持論を展開。そのあまりにも現実離れしたコメントの数々に、報道陣はドン引きしていた。

「この日、囲み取材でベッキーのことを問われた所は『あれ、引っ込む必要あったの? 謝る必要もないでしょ』『私が不倫だ! って出てきたわけじゃないでしょ。気にする必要はないと思う』と、徹底擁護を展開しました。しかし、川谷の元妻や実際に不倫された経験のある女性が不快感を持つ可能性があるということは考えてない無遠慮な感じの態度に、報道陣もザワついていました」(テレビ番組スタッフ)

CMのPR会見にもかかわらず、さらにはこんなことまで言い出したという。

「ベッキーの不倫騒動を未成年の喫煙騒動にたとえて、『高校生がたばこを吸うのも堂々と吸ってたら怒られるけど、トイレで吸ってるのは、かわいいじゃん。まあ、いいや……みたいなのあるでしょ?』。さすがに公の場ですし、未成年喫煙は法律で禁止されているので、たとえ話であってもうなずくわけにはいかず、記者たちは絶句。所の隣で相槌を打っていた記者も、答えあぐねて『うーん』と渋い顔で流していました」(同)

 その所が「かわいい」といった未成年喫煙がきっかけで芸能活動休止に追い込まれた例といえば、過去の加護亜依や、最近芸能活動を再開した元ジャニーズJr.の森本龍太郎など枚挙に暇はないが、発覚すれば一発でタレント生命を絶たれるほどの致命傷になりかねない。芸能界は身内に甘いとよくいわれるが、その空気感を代表するようなイベントになったようだ。

1 2 3





時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど