1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

2018年は、民間企業ではない財務書も特別ノミネートされた。女性記者に対するセクハラ問題がクローズアップさせた影響によるという。

また、裁量労働制の社員が長時間労働で過労死したとみられる企業や、パワハラと長時間労働の合わせ技になっているとされた企業、外国人技能実習生に対し過酷な労働環境を与えていたとみられる企業が名を連ねた。

2018年は財務省、スルガ銀行など
・ジャパンビジネスラボ

・財務省

・三菱電機

・日立製作所・日立プラントサービス

・ジャパンビバレッジ東京

・野村不動産

・スルガ銀行

・ゴンチャロフ製菓

・モンテローザ

「ブラック企業大賞2017」の発表・授賞式が12月23日、東京都内でおこなわれ、引越社・引越社関東・引越社関西(アリさんマークの引越社)が大賞に選ばれた。引越社関東の男性社員を不当にシュレッダー係に配転したり、懲戒解雇するなどしたうえ、さらに懲戒解雇の理由を「罪状」などと記載して、男性の顔写真を入れた書類をグループ店舗に掲示した。今年、東京都労働委員会が不当労働行為を認定した。

ウェブサイトでの投票数によるWEB投票賞は、2013年に女性記者が、長時間労働によるうっ血性心不全で亡くなった「日本放送協会」(NHK)だった。ブラック研修賞は、新人研修中の男性社員が自殺した「ゼリア新薬工業」がえらばれた。特別賞は、新人男性社員が過労自殺した大成建設・三信建設工業、「業界賞」は、女性研修医が自殺した新潟市民病院がえらばれた。

1.ゼリア新薬工業株式会社(後略)
3.パナソニック株式会社(後略)
4.新潟市民病院(後略)
6.株式会社引越社・株式会社引越社関東・
  株式会社引越社関西(後略)
7.大成建設株式会社・三信建設工業株式会社(後略)
8.大和ハウス工業株式会社(後略)
9.ヤマト運輸株式会社(後略)

『ブラック企業大賞2017』ノミネート発表企業! 「NHK」「ヤマト運輸」「パナソニック」など9社ift.tt/2BhRWlf pic.twitter.com/IsaOj38eSY

今年の「ブラック企業大賞」にNHKがノミネート! ネットの声「NHKは電通を散々非難しておいてNHKでも過労死してましただからな」「NHKは黒すぎるからなぁ」 damedia1.blog.jp/archives/52177…: pic.twitter.com/YE4OtwRLj4

サヨク速報 : 今年の「ブラック企業大賞」にNHKやヤマト運輸などノミネート。ネット投票を経て12月23日に大賞発 sayosoku.com/archives/53459… #働き方改革 #残業 #ブラック企業 #ブラック企業大賞 #NHK pic.twitter.com/4nIDEjkvYA

ノミネート10社
▼エイジス
▼電通
▼ドン・キホーテ
▼プリントパック
▼関西電力
▼佐川急便
▼サトレストランシステムズ
(「和食さと」「すし半」「さん天」などの飲食店を展開。)
▼宗教法人 仁和寺
▼ディズグランデ介護(茶話本舗FC企業)
▼日本郵便

弁護士やジャーナリストなどでつくる「ブラック企業大賞」実行委員会は12月1日、電通などノミネート企業10社を発表した。ノミネートされたのは、エイジス、電通、ドン・キホーテ、プリントパック、関西電力、佐川急便、サトレストランシステムズ、宗教法人 仁和寺、ディズグランデ介護(茶話本舗FC企業)、日本郵便。ノミネート企業の選考に際しては、約30社から長時間労働やパワハラの有無などの基準に沿って絞ったという。厚労省記者クラブで開かれた発表会見で、内田聖子委員(NPO法人アジア太平洋資料センター事務局長)は、マネージャーと会社のトラブルをきっかけに、SMAPが解散することになったことから

「ブラック企業大賞2015」がセブン-イレブン・ジャパンに決定した。

 セブン-イレブン・ジャパンは、販売期限が近い弁当などを値下げして売る「見切り販売」を妨害したとして
店主から訴訟を起こされた問題からノミネートされていた。

 今年のブラック企業大賞候補は、セブン-イレブン・ジャパン、暁産業、フジオフードシステム、
エービーシー・マート(ABCマート)、明光ネットワークジャパン(明光義塾)、引越社関東(アリさんマークの引越社)の6社が挙げられていました。

 ブラックバイト賞は明光ネットワークジャパン。講師アルバイトに対して、授業以外の業務に賃金が違法に
払われない「コマ給」問題がまん延していると指摘されています。ありえないで賞は引越社関東(アリさんマークの引越社)。
社員に不当な異動を命じたとして裁判になっています(関連記事)。特別賞は暁産業。19歳社員が上司からの
暴言を受けて自殺したとして遺族はが裁判を起こしています。

1. 株式会社セブン-イレブン・ジャパン

 セブン-イレブン・ジャパン(本社東京都千代田区、鈴木敏文代表取締役会長兼CEO、井阪隆一代表取締役社長兼COO)は、日本国内に1万6,319店(2015年度)を展開、国内チェーン全店で4兆円超を売り上げる日本最大手のコンビニエンスストアチェーンである。
2013年8月、同社のフランチャイズに加盟する店主4人が、販売期限が近い弁当などを値下げして売る「見切り販売」の権利を同社から妨害されたとして損害賠償を請求していた裁判で、東京高裁は妨害の事実を認め、セブンイレブン側に計1140万円の支払いを命令。14年10月に最高裁が本部、加盟店双方の上告を棄却したことで判決確定した。セブン本部による見切り販売妨害については09年に公正取引委員会が、独占禁止法が禁じる「優越的地位の濫用」に当たると認定し排除命令を出していた。
「見切り販売」に代表されるセブン本部の不当な経営圧迫に対し、加盟店主らは09年に「コンビニ加盟店ユニオン」を結成して団体交渉を要求。

同社は「加盟店主は労働者ではない」と主張し団交拒否してきたが、14年3月には岡山県労働委員会が加盟店主らの労働組合法上の労働者性を認め、救済命令を出している。
昨今、学生アルバイトを正社員並みに、しかも学生生活に支障きたすほどの低待遇で使役する「ブラックバイト」が社会問題化しており、コンビニバイトはその代表的な業種である。コンビニ本部各社はこうした問題の責任は個々の加盟店店主らにあるとして自らの責任を否定してきたが、業界にブラックバイトが蔓延るのは、本部が加盟店主らから過酷な搾取を行い、そのしわ寄せが学生アルバイトに及んだ結果であるとも言える。こうした構造はコンビニ各社で共通するものだが、セブンイレブンは業界の圧倒的強者であるほか、日本にコンビニフランチャイズを定着させた先駆者でもあり、業界内における責任も役割も大きく、そして、前記事件がコンビニ業界の構造を示す象徴的な事件であるといえることからノミネートした。

『ブラック企業大賞2015』ノミネート企業6社が発表! セブン、アリさんなど @ViRATEScomさんから virates.com/society/311591…

ブラック企業大賞2015の投票が始まるよblackcorpaward.blogspot.jp 予想としては、 【本命】ABCマート:厚労省ブラック企業対策(通称 かとく)初の書類送検事案。 【対抗】 引越社関東(アリさんマークの引越社):従業員懲戒解雇の晒し行為と経営陣の恫喝動画

一般消費者にとっては、「見切り販売妨害」のセブンイレブンが一番ブラック!内輪の問題だけでは済まない。 最右翼は「アリさんマークの引越社」か 「ブラック企業大賞2015」にノミネート6社 news.careerconnection.jp/?p=17707 @kigyo_insiderさんから

1