1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mrbcourseさん

幸福の科学が作った映画「UFO学園の秘密」

この映画に登場する「ナスカ学園」のモデルになったのが「幸福の科学学園」です。

偏差値も高い!

幸福の科学学園高[普/私]68

偏差値は50が平均になるように設定されています。68というのは上位10%以内に入るレベル。

だが幸福の科学学園は進学率が20%しかないのだ

その証拠は栃木県が出している学校基本調査にある。学校基本調査とは各自治体ごとの学校の生徒数や進学就職者数をまとめたものです。そうすると幸福の科学学園の実態が浮かび上がります。

幸福の科学学園は那須町にあります。そこの欄を見てみると…

卒業生数117人対して最大は「左記以外の者」

学校基本調査では、高卒者の進路について進学・就職以外に「一時的な仕事に就いた者」「進学も就職もしていない者」「その他」という細かいカテゴリが設定されています。26年度は、「進学も就職もしていない者」4.5%、「その他」6.1%でした。

平均と比べると圧倒的なこの数値。

実は那須町には私立高校が2校あります。もう1校は那須高原海城高校。こちらは男子校で卒業生は17人でした。つまり幸福の科学学園はちょうど100名の卒業生(男52女48)。

上の設定だとなんと大学進学者数は男子3女子7!

たった10数人(推定、女子の10人は確定)しかまともな進路を選んでいない。理由はもちろんあります。それがHSU(ハッピー・サイエンス・ユニバーシティー)です。

このHSUは本来ならば「幸福の科学大学」として発足する予定でしたが、大学が不認可となりこのような形になりました。

国から認可が下りなかったので無認可校として発足。したがってここを出ても学位はもらえません。法律的には高卒と同じ扱いになるのです。この状況に批判の声がたくさん出ています。

教育に関わる者として言わせていただくと、教育活動や進学指導の成果として学年の8割を、来期の再受験のためでもなければ就職のためでもなく、不認可の私塾へ送り出す高校があるなんて、信じられません。一条校としてあるまじき行為です。栃木県は、このような学校を放置していていいのでしょうか(ある高校の関係者)

一条校とは、学校教育校第1条で定められている教育施設のことで、「専修学校」や「各種学校」ではない、いわゆる「通常の学校」のことです。

中高生は、教育という面において大切な時期で、仮に進路に影響する心理操作があったなら、教育を受ける権利や職業選択の自由といった人権に関わる問題です。現時点で幸福の科学について違法だと断定することはしませんが、幸福の科学学園内部での心理操作の実態や構造が明らかになった場合には、たとえば児童虐待のような違法な行為とみなされる可能性もあると思います。(西田公昭氏立正大教授)

そもそも学位ももらえないような学校もどきに数百万円の金を出させるということ自体異常でしょう。文科省の学校基本調査の結果がそれを如実に示していると思います。

1 2