1. まとめトップ

上智大学文学部新聞学科 驚愕のマスコミ就職率まとめ

上智大学文学部新聞学科についてまとめました。約4割という驚異のマスコミ就職率を誇ります。就活が不安な高校生、マスコミ業界への就職を希望する高校生の参考に。

更新日: 2016年06月09日

0 お気に入り 23750 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼偏差値62.5の難関|日本で最も歴史あるジャーナリズム学校

上智大学新聞学科は1932年に設立されました。ジャーナリズム、マス・コミュニケーション関係の学科としては、日本で最も古い伝統を持っています

▼卒業生の4割がマスコミ業界に就職する凄い学科

狭き門であるマスコミ業界ですが、毎年、新聞学科の4割以上が既存のマスコミ関係(新聞、出版、放送、広告)に就職しています。ほかの5割はネットなど新規メディアのほか、一般企業、行政、NPOなどに。また、1割が大学院に進学しています。

▼2008年卒業生のマスコミ進路一覧

祥伝社 1人
ぴあ 1人
時事通信社1人
共同通信社1人
日刊工業新聞社 1人
日本経済新聞社 1人
読売新聞東京本社 2人
ベネッセコーポレーション 1人
双葉社 1人
東京スポーツ新聞社 1人
中日新聞社 1人
山梨日日新聞社 1人
北国新聞社 1人
扶桑社 1人
日本放送協会 1人
アサツー・ディー・ケイ 1人
ジュピター・テレコム 1人
毎日コミュニケーションズ 1人
電通パブリックリレーションズ1人

▼秘訣は実践的な授業|新聞やテレビを作る授業も

1年次はコミュニケーションの基礎的理論を学びながら、演習Ⅰ(新聞、放送)で基礎的な新聞制作やテレビ制作に取り組みます。

▼テレビセンター(専門スタジオ)も完備|専門学校ほどの施設

▼広告の専門雑誌でも紹介

▼専門性の高い教授陣

教授 碓井 広義  メディアと文化、番組制作論

教授 小此木 潔 危機や社会問題の解決におけるジャーナリズムの役割

教授 音 好宏 メディア論、情報化と社会変動、情報産業論

教授  鈴木 雄雅 メディア、ジャーナリズムの歴史・社会史、オセアニア地域の研究

教授 田島 泰彦 表現の自由や人権などをメディアの倫理・法制の観点から研究

教授 水島 宏明 テレビ、ウェブ等のジャーナリズム論、貧困とメディア

教授 渡邊 久哲 世論研究、社会調査、マーケティング論、放送論

准教授 阿部 るり エスニシティ、ジェンダーなどの視点からメディアの社会学を研究

准教授 柴野 京子 出版を中心に、近現代のメディア産業、流通、文化などを研究

▼出身有名人も多数

1 2