1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

「ワシントン・ポスト」は「厚生労働省は、現在41歳の東京電力の社員(別の情報では請負会社社員)について、原発での作業が原因となって引き起こされた健康被害に対する賠償金の支払いを受入れた。この男性は、2012年から2013年まで福島第一原発の3号炉と4号炉の近くで働いていた。血液及び骨髄のガンが見つかったのは、昨年2014年1月のことだった」と報じている。
2011年3月の原発事故後の廃炉作業には、4万4千人以上が参加しているが、その大部分は、請負業者を通して雇われた人達で、東京電力の社員ではない。新聞「ワシントン・ポスト」のデータによれば、東京電力自体は、安全基準に従った作業だったと主張しているものの、請負業者を通じ雇われた廃炉作業員達は、東京電力社員のケースよりも2倍多い放射線量を浴びていた、との事だ。

四面楚歌の韓国が持ち出す必殺技「福島第一原発の汚染水情報公開要請」で日本は窮地に=今市太郎 c3.blockmagic.jp/report/60034/ pic.twitter.com/PA4IJM0XKF

@takesaaannn 福島第一原発の排気塔の解体も開始され、空間線量の変化も気にしています。 当時まだ小さかった子供を水素爆破の影響もあったと思われる日に登校させた事をまだ悔やんでいます。 一見、何も無かったかのように過ごしていますが、10年20年とずっと心配は続きますよね。

日本当局 福島第一原発事故と原発労働者のガンの因果関係を初めて認める rui.jp/ruinet.html?i=… … …:日本の複数のマスメディアは、原発事故現場付近に住んでいる子供達に甲状腺ガンが発生している事実を報道した pic.twitter.com/gbw5K4pfDV

《最新記事》【 福島ダイアリー第3部:農地と誇りの復活に向けて 】「福島第一原発事故発生から8年間に及んだ避難生活、ようやく故郷に戻った故郷は今…」ガーディアン - 全文翻訳は[星の金貨new]kobajun.biz kobajun.biz

「ワシントン・ポスト」は「厚生労働省は、現在41歳の東京電力の社員(別の情報では請負会社社員)について、原発での作業が原因となって引き起こされた健康被害に対する賠償金の支払いを受入れた。この男性は、2012年から2013年まで福島第一原発の3号炉と4号炉の近くで働いていた。血液及び骨髄のガンが見つかったのは、昨年2014年1月のことだった」と報じている。
2011年3月の原発事故後の廃炉作業には、4万4千人以上が参加しているが、その大部分は、請負業者を通して雇われた人達で、東京電力の社員ではない。新聞「ワシントン・ポスト」のデータによれば、東京電力自体は、安全基準に従った作業だったと主張しているものの、請負業者を通じ雇われた廃炉作業員達は、東京電力社員のケースよりも2倍多い放射線量を浴びていた、との事だ。


続きを読む http://jp.sputniknews.com/japan/20151020/1053338.html#ixzz3ps72G5Qf

やはりね、支配者層をあばかなければ、99%の敵は見えないですしね。 ただ、これだけの放射能被害を受けて、次世代の被害が致命的であることじたい、わかりきっていること。これだけのことを、やりたい放題に支配者はしてきたということ。 さて、それでも、奴隷にになるのかな?

被曝被害は大丈夫と決め付け健康調査しない栃木県の迷妄。明日14時滋賀県庁前、放射能汚染チップ抗議集会。 - 木下黄太のブログ 「放射能」 「被曝」「原発」、日本のリアル fb.me/2dM9dOmL2

「放射能被害が明らかにならないで困るのは被災者である。彼らは家や土地を汚染され、健康に不安を抱えざるをえない。なぜなら、被曝したという事実がまず認められないと彼らは補償や健診や移住にかかる費用をもらえない」 ishikawakz.hatenablog.com/entry/20140423…

塩をたくさんつけた玄米のおにぎりと、塩辛いみそ汁が良い、と主張した秋月辰一郎医師の指示により原爆症の被害をまぬがれた人々がいたそうです。放射能の害を防ぐ身近な食品 bit.ly/wHHzpy

福島からの放射能被害が孫蝕まないかと、質問が…いつ安心出来るのだろう。福島の方々のご苦労は耐え難い

1