鹿島丈博

2003年(平成15年)の世界体操選手権では日本体操史上初めてあん馬で優勝した。他に鉄棒でも優勝、団体でも銅メダルを獲得

アテネ五輪では団体で優勝、種目別でもあん馬で3位に輝いた

この情報が含まれているまとめはこちら

「個人よりも団体の金」"絶対王者"内村航平の思いがアツかった

体操世界選手権グラスゴー大会男子団体総合決勝が行われ、日本代表チームが実に37年ぶりの世界王者に輝きました。エースの内村航平選手は思わぬアクシデントに見舞われながらも全種目に出場、日本のメダル獲得に大いに貢献しました。その裏には「団体金」にかける内村選手の熱い思いがありました。

このまとめを見る