1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

凄すぎる…バイクを運転するヒト型ロボットが話題になっている

東京ビッグサイトで開催される『東京モーターショー2015』。ヤマハ発動機は、オートバイの自律運転ができるヒト型ロボット『MOTOBOT Ver.1』を発表。ニュースをまとめ。

更新日: 2015年10月30日

55 お気に入り 47548 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○ロボットがバイクを自動運転

ヤマハ発動機は、モーターサイクル技術とロボティクス技術を融合したヒト型自律ライディングロボット『MOTOBOT』を披露した。

○『MOTOBOT Ver.1』とは?

『MOTOBOT Ver.1』は、ヤマハのモーターサイクル技術とロボティクス技術を融合した新型ロボット。

自動運転車とは異なり、オートバイ本体には手を加えず車両操作にフォーカスしたヒト型自律ライディングロボット。

○すでに自動運転に成功

バイクそのものに改造を加えることなく、ロボットの運転による200km/hを超えるサーキット走行の実現を目指して研究・開発を進め、すでに同社のスーパースポーツ YZF-R1の自動運転に成功した。

今後はGPSや機械学習により、サーキットコースの最適ラインやマシン性能の限界をロボット自身が判断、走行を重ねることでラップタイムを向上させていくとのこと。

○スラローム、旋回といった基本走行を自律的にこなす

腕の部分はステアリングやアクセル、前ブレーキを操作するため、わりと可動しそうな印象なものの、やはり肘などは固定。

それでも全体で見れば内蔵センサーが取得した速度やエンジン回転数、角度などの数値をもとに、すでに時速100kmの高速走行、スラローム、旋回といった基本走行を自律的にこなします。

○目標はロッシを超えること

ロードレース世界選手権参戦以来15年間で9回のワールドチャンピオンを獲得しており、「史上最強のライダー」との呼び声も高い

目標はサーキットのラップタイムで、最強ライダーのバレンティーノ・ロッシを超えること。

「人間の限界を超える」ことをテーマに開発しており、サーキットのラップタイムで MotoGP ライダー バレンティーノ・ロッシ に挑みます。

○ネット上には驚きと感動の声

YAMAHAのMOTOBOTすげぇ^o^ 車の自動運転にしろ、もうこんな時代に突入しているのか…^o^

yamahaのmotobotすごい。その一言。 現実的に未来がある。

バイクロボ!夢があるなあ。 タンデム可能になったらバイクロボのケツに乗って出勤とか良いなあ。

なんか泣ける。今タイミングが良いのか悪いのか、レースがドロドロの中、このMOTOBOTのピュアさがじわっと。 ああ、物語のイメージがめちゃ湧きます。人の想いや歴史を超えて永遠に走り続ける機械。でもその機械は又人が作った物なのだ。バイクじゃないとダメ。あ〜描きたい〜描く〜っ

○ヒト型ロボットですべての乗り物が自動化される

1 2