1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

自殺のリスクも伴う「うつ病」と、ビジネスパーソンが勤労意欲を失う「うつ状態」によって「適応障害」などの診断を受けるケースは医学的に別物です。ここでは主に、後者の比較的軽度な「うつ」を対象に解説します。

Q:何がきっかけでうつになるのですか

A:生涯に5人に1人は心の病にかかり、そのうち75%は25歳までに発症しています。職場でうつにかかりやすいのも若手で、20~30代が目立ちます。人間関係のストレスが引き金になるケースが多く、複数の要因が重なっていることが多いです。たとえば、過重労働や上司のハラスメントに加え、職場に対する期待値とのギャップが膨らむ状態です。男女平等やダイバーシティーをうたう企業の内実が、「見えない天井」に塞がれているのを目の当たりにすると、これまで自分が大事にしてきた価値観を踏みにじられる挫折体験に見舞われます

うつ病予防どうすれば? 会社に行きたくないときは休むべき? 専門家がQ&Aで解説〈AERA〉(AERA dot.) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

遅れてしまいました、昨日10月10日はでした。5人に1人が心の病にかかると言われています。まだまだ誤解や偏見がある #メンタルヘルス について皆で理解を深める日にしたい。 #世界メンタルヘルスデー

原因を探し始め、「心がけが悪かった」「気合(根性)が入っていなかった」「あの上司さえいなければ……」などのストーリーを作ってしまうのです。「今度は失敗しないぞ」と無理やり自己を鼓舞しても、再発は防げません。やっと2~3度目の再発後に、うつとはお付き合いしていくものだと身に染み、ストレス対処法や休養の取り方などに真剣に取り組む方が少なくありません。

症状がほぼ完全に消失している状態を完全寛解、一部症状を残しているが生活(生命)などの差し障らない状態を部分(不完全)寛解と呼ぶこともあります。いずれにしろ、私は「このまま回復する可能性もあるし、再発する可能性もあるので、注意しましょう」とアドバイスします。前述の3のモデルに近い概念ですね。対比される用語に「治癒」(完全に治った状態)があります。これは1もしくは2のモデルに近いでしょう。

症状が軽くなってきても、用心しないと再発しやすい。少なくとも数年は付き合っていく必要があるんですよ……」と続けます。

ほとんどの患者さんやその家族は、第1のモデルを頭においているので、最初は困ったような表情を浮かべたり、きょとんとされたりします。

■「寛解」と「治癒」

医学的な言葉を用いると、うつ病は、症状がなくなり治療をする必要が無くなった状態でも「寛解」という用語が用いられます。「寛解」とは、一時的にまたは継続的に症状が軽減~消失すること、わかりやすく言えば「症状が落ち着いて安定した状態」といえます。精神疾患や白血病などの再発の危険のある病気治療に使用される概念です。

うつ病発症のリスクを上げる食品」を紹介している
血糖値の上昇率を表した指標であるGI値が高い「ご飯」「パン」「麺類」など
急激な血糖値の上昇は精神的に芳しくなく、不安感を増幅させてしまうという

うつ病のリスクを上げる食品とは

うつ病のリスクを上げる食品はズバリGI値が高い食品群です。GI値とは、糖分を摂取したときの血糖値の上昇率を表した指標のこと。高ければ高いほど食後の血糖値が上がりやすいのです。この急激な変化が、精神的に芳しくなく、不安感を増幅させてしまうという実験結果もあります。現代は予備群も含めて、糖尿病を発症している人が国民の1/5を占める時代。うつ病予防としての意味合いだけでなく、高GI値の食品は避けておくのが賢明です。では、具体的にどんな食べ物があてはまるのでしょうか。読者の中には、糖分が高いお菓子やケーキを思い浮かべている方も多いでしょう。しかし、実はそれだけではないのです。ご飯、パン、麺類などもGI値は高い数値となっています。つまり、現代の日本人の主食となりやすい食物はほぼ当てはまっています。

うつ病のリスクを下げる食品とは

では、逆にうつ病のリスクを下げる食品は何でしょうか。まずはGI値が低い食べ物。主食となり得るものでも、血糖値の急激な上昇を避ける工夫は、できるだけ白いものを食べないことが挙げられます。ご飯も白米ではなく玄米。砂糖も上白糖ではなくきび砂糖。小麦粉も全粒粉といって、糖吸収が緩やかなものを選ぶようにしましょう。次に、ビタミンB群を始め、ビタミン、ミネラルを豊富に含んだ食物。なんといっても野菜ですね。緑黄色野菜と呼ばれるきちんと色がついた野菜をとることが大事です。この色や香りに代表される成分は、近年第7の栄養素であるファイトケミカルスとしても注目されており、抗酸化作用があります。ストレスや生活習慣の乱れにより活性酸素が増えると精神的な疲れにも影響するので、この成分も有用です。

うつ病の原因は父の暴力だと思っています。 精神化医 山内 ##Jmentalht #utsuJ

タバコを吸って解消されるストレスは依存薬物であるニコチンの離脱症状による不安感などタバコが原因のストレスで、非喫煙者には無いものです。<喫煙者は、うつ病のリスクが高い>sugu-kinen.jp/efficacy/disea…

1