1. まとめトップ

蕨野友也、モデル宮城舞との「結構濃厚」な“リアルキス”に胸キュンの声続出

蕨野友也(わらびの ともや、1987年8月4日 - )は、日本の俳優。宮崎県都城市出身。エーチームグループ・A-team(エーチーム)所属。2014年に『仮面ライダードライブ』へレギュラー出演。

更新日: 2015年10月31日

1 お気に入り 22810 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ateamgrouptdさん

同番組は、お互いに誰が来るか知らされていない初対面の芸能人の男女が1日限定でカップルとなり、流行のスポットを1日めぐり、最後に必ずキスをするという、疑似恋愛ドキュメント。

デートは1年ぶりだという宮城の地元の横浜で待ち合わせた。顔を合わせ最初は緊張した様子を見せた2人だが同い年、さらに兄弟構成も同じだと判明すると一気に距離も急接近。

蕨野がリードしオシャレなツリーハウスカフェや水族館を巡り、「舞ちゃん」「友くん」と呼び合い笑いの絶えないデートを楽しんだ。

蕨野はなかなか敬語が抜けなかったり、ゲームセンターでは連敗を叩き出すなど頼りない部分も見せたが、何事も全力で楽しむその姿に宮城も「彼って見た目はクールだし、ふざけたことやらなそうなところがあるけど、いつも一生懸命」と好印象。

最後に立ち寄ったベッド形式のカフェでは、蕨野が「写真を送るよ」と言ってさりげなく連絡先を交換。「俺ぶっちゃけどう?恋人としてありですか?」と積極的なアプローチで宮城も照れた様子を見せた。

“キスタイム”は横浜の夜景を前に。蕨野は「もう俺恥ずかしくないかも」と腹をくくり、宮城の手をとり「本当のことを言うけど俺は舞ちゃんで良かった。あなたのことをもっともっと知りたいと思いました。今日一緒にいてくれてありがとう」と抱きしめながらキス。

宮城は「キスをすることに対しては彼の方が覚悟ができてたし、ここからは素直に彼に身を任せようと思いました」と回顧し、「堂々としてて腰を引き寄せてくれたり、最後はすごい男らしい一面が見れて良かったです」と語っていた。

スタジオでVTRを見届けたMCのDAIGO(エーチームグループ・エープラス所属)も「長い!前も言ったんですけど、この番組のタイトル“ラストディープキス”になっちゃう」とツッコミ。

1 2