1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

肥満が怖いのは、加齢とともに脳卒中のような血管の病気や骨折などのロコモティブシンドロームのリスクを高める(中略)男性が平均寿命と健康寿命の差に9.02年の差が生じており、女性の場合は12.4年の差があることが報告されている。
つまり、「平均寿命」と「健康寿命」の差が開くほど、介護や介助を必要とする。寝たきりの状態で過ごすなど、要介護の状態になる可能性が高い。
要介護となる原因として挙がっているのが、「心・血管疾患」が25.1%、「認知症」が21.7%、「高齢による衰弱」が12.6%、「骨折・転倒・関節疾患」が17.7%、「その他」が23.2%。
つまり「健康寿命を縮める真の敵」は「血管の病気」または「ロコモティブシンドローム」であると寺本氏は指摘する。
そのため、「血管の病気」と「ロコモティブシンドローム」の背後にある「肥満の解消」に努め、それぞれのリスクを低減させる必要がある。

座らない!: 成果を出し続ける人の健康習慣 amzn.to/1Gffgft 座っていると、寿命が縮み、成果も出ない。毎日健康に働き、成果を出し続けるためには、何を食べ、どんな運動をして、何時間眠ればいいのか。

女性の胸が男性の寿命を延ばす。 一日に数分女性の胸を凝視する事は 男性の健康状態を改善し、 寿命を4~5年伸ばす効果もある。

日本政府が健康寿命を延ばすために進めてきたものは「適度な運動」+「食生活の改善」ですが、これだけでは不十分!「住宅の健康安全性」が重要です。⇒goo.gl/1KQxXq ##京都 #リフォーム #新築

1