1. まとめトップ

ハローワーク前の勧誘に気を付けろ!彼らがハローワーク前で声を掛けてくる理由

ハローワークの前でずっと待ち伏せしている人、いきなり声を掛けてきてアンケートをお願いしてくる人、あなたは見たことありませんか?何故あの人達は、わざわざハローワークの前でずっと待ち構え、いきなり声を掛けてくるのでしょうか。その実態と裏側について調べてみました。

更新日: 2018年08月22日

2 お気に入り 158043 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuuyuu123さん

いつもハローワーク前で勧誘してくる人達は誰?

ハローワークの前で待ち構え、求職者にいきなり声をかけてくるあの人達は、一体何者なのでしょう?

ハローワークには就職活動や転職活動以外にも、
各種手続きや自社の求人を出しに行ったりなど、
様々な理由で行くことがあるかと思います。

そしてハローワークに行った時に、
何故かハローワークの前でずっと立っている人達を見かけたり、
その人達にいきなり声をかけられたなんて経験はありませんか?

彼らは何故ハローワークの前で勧誘行為を行っているのでしょうか?
その謎に迫っていきたいと思います!

ハローワークの前に立って話しかけてくる女性たちって何者ですか?

ハローワークからでて帰ろうとするといつもスーツ姿の女性が、「求職中ですか? お話する時間ありませんか?」とおいかけてきます。

ハロワの外で勧誘みたいな人に待ち伏せされてた時は悲しくて心が折れかけた
仕事も金もない人間に一体何の用があるのかと

勧誘はまずアンケートから

もちろんアンケートが目的ではなく、アンケートをフックに勧誘をするのが目的です。

実はハローワーク前にいる人達のほとんどは、保険の営業です。

立っているのが女性の人だったら、まず間違いなく保険の営業だと思っていいでしょう。
(もちろん男性の保険の営業もいます)

保険の営業は、もちろんハローワーク前で保険を売っている訳ではなく、
同じく保険の営業になってくれる人を探しています。

なのでハローワークから出てきた人に対して、
アンケートをフックに「保険の仕事をしてみないか」という勧誘をしてくるのです。

確かにハローワークに来る人は仕事を探している人がほとんどなので、
ハローワーク前で仕事の勧誘をするのは、
相手の気持ちや迷惑を考えなければ合理的かもしれませんね(笑)

ネットで情報を調べた感じだと、どうやら彼女達は生命保険の外交員の勧誘のようです。失業者に声をかけ、保険の外交の仕事をさせようと言うことみたいですね。これなら、女性限定で声を掛けているのもよくわかります。

どこのハローワークに行ってもたいがい生命保険の外交員が勧誘の為に待ち伏せしてます。

素知らぬ顔で通り過ぎようとしても必ず声をかけられて非常にうっとうしいです。

ハローワーク前で保険の勧誘をする理由は?

一体彼女らにとって、保険の仕事の勧誘をすることに、どのようなメリットがあるのでしょう?

では保険の営業にとって同じ保険の営業の仕事を紹介することに、
一体何のメリットが生まれるのでしょうか・・・?

一見保険の仕事を紹介することに何のメリットもないかと思うでしょうが、
保険の仕組みはマルチ商法に近いものがあり、
会社によりますが自分の下の人が売り上げを立てると、
そのうちの何%かが自分に入る仕組みになっています。

更にはスカウトした新入社員の家族や親戚縁者にも営業が出来るので、
一度に二度おいしい形となります。

要は自分の収入欲しさに周りに迷惑を掛けてまで、
ハローワーク前で待ち構え勧誘行為をしているのです。

保険の勧誘は他と比べてもとてもガッついている印象ですし、
離職率の高さから考えて彼女らも部下を作ることに必死なのでしょう(笑)

生保のセールスレディは、入社したらその親と親戚がまずは契約してくれるのでそれ目当ての勧誘です。勧誘する側にも「月に○人入社させる」みたなノルマがあるらしいですよ。

ハローワークの外で利用者を待ち伏せして、

『保険の外交員にならないか』

と勧誘をするということがあるそうだ。

見込みがあるとか向いていそうだからというわけではなく、ほとんど無差別に声をかけているものらしい。人材を増やすことが目的というより、新しい外交員が増えればその親や親戚、友人に保険の営業先ができるから、という理由だ。

足を止めてしまうと・・・?

ハローワークで勧誘にあった時に一度足を止めて話を聞いてしまうと、
しつこくて中々離れられないことがあります。

中には最初1人だったのに、
後から別の仲間が入ってきて気が付けば3、4人に囲まれていた・・・
なんてこともあるそうです。

それに一度連絡先を交換してしまったり、
アンケートに電話番号やアドレスを書いてしまうと、

彼女らの見込みリストに入り、後からもしつこく追われてしまうことになりますので、
少なくとも絶対に個人情報は渡さないように気をつけましょう。

次の日(二度目のアポの予定の日)に
なんと、自宅まで担当者が訪問してきたんです。
会社見学をした際に記入した私の個人情報を使って。

ハロワの前で保険会社のセールスマンに呼び止められてしまいました。

無視しようと思ったのですがしつこいので話だけでも聞いてしまい、説明会に行くことになってしまいました。

電話番号を教えてしまったのですが、絶対に断るつもりでいます。

声を掛けられないようにするためには

ハローワークから出てきた時に声を掛けられないようにするためには、
まずハローワークから出る時に電話を耳に当てながら出てきて下さい。

どれだけしつこい保険のオバさんでも、
流石に電話をしようとしている人に声を掛けようとは思わないので、
この方法はシンプルかつ絶大な効果があります。

かけてもいないし、かかってきてもいないのに、電話中のフリをする「エア電話」。困ったシーンを切り抜ける緊急避難アクションとして、経験のある人もいるだろう。

20代の4割の人がエア電話の経験があるそうです

早々に切り上げたい打ち合わせや飲み会は多々あるもの。とはいえ、切り上げるタイミングを見つけるのはなかなか容易ではない。
 そんな人にオススメのが、この『Fake-Call Me - Free Version』。

仮に捕まってしまった時も、ウソ電話のアプリを使えば上手く逃げ出すことが出来ます。

悪い業者ばかりではない!意外にしっかりした会社の場合も

1 2