1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

防衛装備庁も昨年12月26日のプレスリリースにおいて、「装輪装甲車(改)」の不具合を認めました。

 装備庁は不具合を「耐弾性能のばらつきの多い装甲板の使用や板厚不足があったため」としていますが、同リリースでは「該当不具合の改修等の必用な対応を試作品の受注企業である(株)小松製作所において行うと共に、量産化に向けて幅広い選択肢の中から最適な装備品の調達が可能となるよう代替案分析をおこなうこととなりました」とあります。

 これは他の候補も含めて再考すると読めます。

で、コメント欄でもご指摘の装備庁の新型装甲車の導入に関する公募がありました。

時代遅れの海上自衛隊 潜水艦は近接艦発見できない、一世代時代遅れの探知機

日米潜水艦で探査追尾の練習試合のようなことをします。私はソナーマンだったので、米軍潜水艦の音を探り出そうとずっと聴音に必死だったのですが、最後までまったく米軍潜水艦を発見できないままでした。そして、試合終了と同時に、信号音を発信するんです。そしたら、米軍潜水艦は、我が艦の真後ろでした。訓練試合のほぼ序盤戦からずっと日本の潜水艦の真後ろにつけていて、日本の潜水艦の動きを完全に捕捉して追尾していたのです」

「日本は中国軍機の飛行妨げるな」 中国国防省報道官、航空自衛隊のスクランブルを非難 sankei.com/world/news/151… 強いアメリカには文句を言えない中国 弱い日本には言いたい放題  何かを守るために必要なのは9条ではなく、戦力だという事の証明です。

世界中の権力者たちは、人口を増えさせない為に、合法的に庶民殺しを始めている、弱いところから徐々に徐々に、合法的庶民虐殺ゲームに自衛隊も全面的に参加、日本国内での差別も先鋭化

こんなに弱いぞ自衛隊! これで我が国を守れるの? 強い国を作るためには何が必要なのか学びましょう。 倉山満 「軍国主義が日本を救う」感想 yumikw.blog.fc2.com/blog-entry-51.…

1