1. まとめトップ

誰が出ても活躍 工藤監督の「見る目」「やる気を引き出す力」はリーダーの鑑

2015年のプロ野球 日本一に輝いたのはソフトバンクホークス。とにかく強かった。中心メンバーもさることながら"脇役"やさほど実績のない選手の活躍も目立ちました。なぜうまくいったのでしょうか。一般社会でも役立つヒントがありそう(20151101 発信)

更新日: 2015年11月01日

1 お気に入り 1679 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日本シリーズ圧勝…ソフトバンクはほんとに選手層が厚かった

今回のシリーズを見て感じたことはソフトバンクの圧倒的な選手層です。シーズンで4番を任されていた内川聖一がケガにより出場できず、柳田悠岐も打率.158と完全に抑え込まれました。たしかに、MVPを獲得した李大浩の活躍は特筆ですが、福田秀平や明石健志、今宮健太らの伏兵たちの活躍も見逃せません。

2015年シーズン、圧倒的な戦力でパリーグを勝ち抜いたソフトバンク。日本シリーズでもその選手層の厚さを見せつけました。

レギュラーとして固定されていない選手、打者としては脇役の選手が躍動しました。

レギュラーシーズンで1番での打率が2割2分台の福田秀平選手を、2戦目から3試合連続でトップに起用し成功。「(初戦の)代打で変化球をうまく打った」と、シーズンと同様に過去の実績にとらわれず、己の「目」を信じてタクトを振った。

福田の起用については

「工藤監督の信条は『見たものしか信じない』。周囲からバントが下手と言われる選手がいても、『そうなの? じゃあ本当かどうか、やらせてみよう』となる。

2015年シーズンの戦いについて

- レギュラーは固定されていなかった

中心メンバーは固定しつつも、状態のいい選手を積極的に起用し、その選手たちもしっかりと期待に応える活躍を見せてくれました。

レギュラーが固定されているチームは強いといわれますが…

中軸は固定しつつも、1、2番には調子のいい選手、相手との相性を見て入れる。

3~6番の柳田、内川、李大浩、松田は怪我などによる離脱を除きほぼ固定でした。それから中村晃も常時出場。それ以外は入れ替えながらの起用でした。

特に故障で本多雄一が離脱してからの二塁手と、指名打者次第で入れ替わる右翼手、そして捕手には多くの選手が名を連ねた。

二塁手について少し説明を付け加えると

ソフトバンクの二塁手といえば不調でも本多、怪我しても復帰すれば本多でした。”聖域”と揶揄する声もありました。それが今年は変わりました。

不調で外れることもあり、途中怪我で離脱し戻ってきてもポジションは用意されていませんでした。

05年の王ホークス、今季の工藤ホークスを比較すると、監督の方法論に違いがあるように思う。例えば選手起用だ。

 スタメンオーダーは05年が69通り。王監督はスタメンを変更することをあまり好まなかった。これに対して、今季のオーダーは94通り(〔9月〕13日時点)を数える。「最強」のオーダーを理想としたのが「王流」だとすれば、対戦投手や選手の調子に応じて「最適」なオーダーを選択しているが「工藤流」と言えるだろう。

自らの基本方針を「石橋をたたいて渡るのは好きじゃない」と話す通り、既存の戦力に頼るばかりではなく、積極的な起用も試みた

- 誰が出ても活躍するという現象が起こった

選手の入れ替えがやる気を引き出すきっかけに

選手側にしてみれば、試合に使ってもらえることでモチベーションが上がりますし、自ずと競争意識が芽生え、それが選手層の厚さへとつながっていったのだと思います。

「チャンスはピンチ。いつ、ファームへ行けと言われるか、分からないので必死でやっています」〔川島慶三〕

5月17日、西武郭俊麟から放った先制本塁打についてのコメント

休み返上で選手を見る

「二軍から昇格させた選手は即起用する」との方針で、時間があれば積極的に(二軍の)雁の巣球場へ足を運び、試合観戦もしている。

勝敗以上に選手のことを考えた。開幕以来、監督の休日はたった3日。〔......〕ある休日はリハビリ組が早く改善するよう知人の医師と情報交換をした。別の日はDVDの編集作業に没頭した。就任以来、各選手のデータファイルを自ら作成している。

9月18日の記事

「僕が苦しいのは、大したことではない。朝から練習し、不調なら特打やバント練習に励む。選手の努力を見てきた。選手たちのおかげです」〔工藤監督〕

選手の状態を把握

采配が面白いように当たった。まずは「8番・二塁」で起用した川島だ。5回1死から、左翼テラス席へ先制の1号ソロを放った。相手の先発は右腕の郭俊麟。左打者の明石や高田の起用も考えられたが「データを見ると、(郭俊麟に対しては)右打者の方が打っている。悩んだけど、昨日(16日)のスイングも強かったので」という理由で抜てき。見事に的中した。

たとえば5月17日の試合でのこと

采配面では打者の調子を「←」など矢印で打撃投手に書いてもらった「工藤ノート」を活用

開幕前の宮崎キャンプ、そしてシーズンに入ってからもフリー打撃でマウンドに立つ姿を目にした。打撃投手として打者と実際に向き合うことで、ウィークポイントを見つけてアドバイスを送る。

打撃投手を買って出ることも

投手目線で見て、伝える。

選手とのコミュニケーション

絶妙かつ的確な“工藤流コミュニケーション”が奏功。試合中でも自ら語りかけアドバイスを送る。ある選手は「会話の中でしっかり気持ちを酌み取ってくれる監督」と、尊敬のまなざしを送るが、その手腕に球団の評価も高まるばかりだ。

1 2