1. まとめトップ
  2. 雑学

飼う前にもう一度考えて…猫の飼育にかかる生涯費用

私たちに最高の癒しを与えてくれる猫ちゃん。「いつかは猫を飼いたい」そんな風に考えている方も多いのでは?でも、猫と言えど一度飼えば家族同然。エサやトイレの砂、病院代や手術代など、意外と出費がかさみます。自分の経済状況で十分な飼育ができるのか、冷静に考えて見ましょう。

更新日: 2015年11月02日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
680 お気に入り 532354 view
お気に入り追加

■猫のいる生活って憧れる…

猫が膝から動いてくれなくて何もできない日曜日に憧れる

■でも、猫を飼うのには結構お金がかかります

ペットが家族の一員になってから命を終えるその日まで、飼い主はどんな事にどれ位のお金を使うのでしょうか

いきなり決断する前に、まずは猫を飼うためにはどれくらいのお金が必要か知っておきましょう

■毎月かかる費用は意外とお安いのですが…

基本的に、毎月買わないといけないのは、エサと猫砂、これだけ

一般社団法人ペットフード協会が行った「全国犬猫飼育実態調査」の統計を見てみても、猫1匹あたりのキャットフードの支出は月2,348円

1ヶ月にかかかる費用は平均3000~5000円弱程度(食費、トイレ用品代だけ)が、一般的な目安

■猫さんをお迎えするにあたって、たくさん用意するものがあります

まずは「初期費用」つまりペットを購入する費用やペットを迎えるための設備などの準備にもお金がかかります

猫用トイレ、猫用シャンプーやリンス、首輪、爪きり、ブラシ、ノミ取り用具、食器、キャリーバッグ、ハウスなど

生後半年、もしくは一年までに、ワクチンの摂取と避妊、去勢を済ませる必要があります

去勢・避妊手術にかかる費用は15,000~3万円程で、ワクチンは5,000円前後

やらない方もいるかも知れませんが、発情期になると大変苦労しますし、誤って外に出ちゃうとほぼ妊娠しますのでやっておいたほうがいい

■病気や怪我をすれば、病院へ連れて行かなければなりません

猫には健康保険は適用されませんから、病気や怪我の治療費は全て実費になります

病気やケガをした場合は数十万円かかってしまうかもしれません

■病気に備えるための「ペット保険」もありますが…

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう