1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

園子温監督に魅力を引き出れた女優達!!満島ひかり・水野美紀・清野菜名・二階堂ふみ・真野恵里菜等

鬼才・園子温。多くの女優の魅力を引き出してきたことでも知られる園監督は脱がせ&エロの天才。奇妙なサーカスの宮崎ますみ、愛のむきだしの満島ひかり、冷たい熱帯魚の神楽坂恵、恋の罪の水野美紀、地獄で何が悪いの二階堂ふみ、TOKYO TRIBEの清野菜名、みんエスの夏帆・池田エライザ・真野恵里菜・冨手麻妙

更新日: 2018年04月23日

429 お気に入り 1136001 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

鬼才・園子温

映画監督として数多くの作品を手掛け、さらにはアーティストとしても活躍する園子温。

自身で設立したプロダクション制作による「ひそひそ星」は、9月に行われた第40回トロント国際映画祭で優秀なアジア映画に贈られるNETPAC賞に輝いた。

多くの女優の魅力を引き出してきたことでも知られる園監督は脱がせ&エロの天才

園監督といえば、『紀子の食卓』(05)の吉高由里子や『愛のむきだし』(08)の満島ひかり、『ヒミズ』(11)の二階堂ふみら、これまで数多くの女優の魅力を引き出してきたことでも知られる

園監督はキャストへの厳しい演技指導で有名で、映画界きっての脱がせ屋としても知られた存在。

Strange Circus 奇妙なサーカスの宮崎ますみ

実の父親に抱かれて心病んでいく小学生の美津子(桑名里瑛)は、やがて嫉妬の果てに虐待を加えるようになる母親(宮崎ますみ)と心が一体化していき…。時が過ぎ、車椅子のエロス小説作家・妙子(宮崎ますみ・二役)の担当となった編集者の田宮(いしだ壱成)は、編集長の命令で彼女の身辺を調べ始めていくが…。

奇才・園子温が近親相姦を題材に放つ官能サスペンス。宮崎ますみ扮する女流作家が、肉欲と憎悪にまみれた小説の世界にシンクロしていく。

宮崎ますみが女優復帰してヘアヌードになって挑んだ意欲作。37歳の宮崎ますみの熟女ヌード

愛のむきだしの満島ひかり

出典prcm.jp

園子温監督が、実話をベースに描く究極の純愛物語。幼少時に母親を亡くし理想の女性像を追い求める主人公を、人気グループAAAの西島隆弘が熱演。ヒロインに『プライド』の満島ひかり、彼らに近づく新興宗教団体の女に『風の外側』の安藤サクラがふんするほか、渡辺真起子、渡部篤郎ら実力派が脇を固める。

高い演技力が評価されている女優・満島ひかり。満島ひかりの今の演技の原点は映画「愛のむきだし」にあった?

映画はなんと上映時間が四時間近くあり、満島ひかりさんのパンチラや官能シーンまであり!?

ゆらゆら帝国の歌う「空洞です」をBGMに"パンチラ上等!"とばかりに大立ち回りを演じる他、新興宗教・ゼロ教会の幹部・コイケ(安藤サクラ)とのレズ的なシーンもあり、体当たり演技の連続

そういえば愛のむきだし(上/下)見てきました。人物の感情とか全然追えなかったけど、勢いよかったので好きです。仕掛けを隠そうともしない、思い切りのいいカースタントが特によかった。あと満島ひかりがよい。どうしてそんなにいやらしい身体をしているんだ!って友達と言い合ってた。ホントエロい

冷たい熱帯魚の神楽坂恵(現・園子温夫人)

園子温監督による人間の狂気と愛を描いた作品。実際の猟奇殺人事件に触発された園監督が、猟奇殺人事件に巻き込まれることになる男性が味わう深い心の闇に迫る。主演は、『掌の小説』など数々の邦画に出演しているベテランの吹越満。共演者も『嫌われ松子の一生』の黒沢あすかや『月と嘘と殺人』のでんでんら実力派ぞろい。第67回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門正式出品の問題作に、震撼(しんかん)させられる。ちなみに黒沢あすかも脱いでいます。

恐るべき裏の顔を持った男と知り合ってしまったがために、共犯者になってしまう男の悲劇を描く。気弱な熱帯魚店主の主人公を「吹越満」、彼を陥れる悪意に満ちた男を「でんでん」が怪演。

「冷たい熱帯魚」では、神楽坂恵はいやらしくもふてぶてしい熱帯魚屋のおやじに、おっぱいをこれでもかと揉まれるシーンがある。その揉まれ方がなんとも嫌らしい

恋の罪の水野美紀

園子温監督が、1990年代に実際に起きた殺人事件に触発されて撮り上げたサスペンスドラマ。それぞれ立場の違う3人の女性たちが織り成す光と影を徹底的に描き切る。冨樫真、神楽坂恵も脱いでいます。

監督の園子温は本作を「セックス・アンド・ザ・シティ」の“裏通り版”と称したが、物語の軸となる3人の主人公たちの“女の業”がこれでもかとえぐり出されていく。

体当たりの演技を見せるのは『踊る大捜査線』シリーズの水野美紀、『凍える鏡』の冨樫真、園監督作品の常連で『ヒミズ』にも出演する神楽坂恵。

映画は冒頭、水野さんがホテルで不倫相手と激しく交わるシーンで幕を開ける。「とにかく監督の作品に出たかった」とフルヌードも厭わず、文字通り体当たりの演技を見せている

恋の罪は水野美紀さんのフルヌードが作品の質を高めている

1 2 3