1. まとめトップ

謎が深まる…あのラピュタの物語にはミステリーが多かった

謎解きは考察も含まれているので、公式な情報ではないことを予めご了承ください。トリビアも集めてみました。

更新日: 2015年12月08日

5 お気に入り 196248 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiepitaさん

ジブリを代表する名作「ラピュタ」には謎が多かった

”バルス”の謎①:なぜ3文字の呪文?

Q:なぜラピュタを滅ぼす、一番大切な呪文なのに3文字だけなのか?

ということについての考察を集めてみました。

※ちなみにバルスはトルコ語で”平和”を意味します。

「殺されることを想定して短い言葉にした」説

おそらくこれが最も有力な説。毒矢や短刀が飛んでくる局面で絶命までに確実に言い終われるようにする言葉のため。という考察。

「宴会を盛り上げるための危険な遊び」説

スリルを味わうため。というおふざけ考察ですが、可能性がなくもない。いやないか(笑)

「使い方間違えて伝わった」説

「実はメンテナンス用のコマンドだった」というおっちょこちょい説。ないだろ(笑)

「映画制作者の都合」説

「あのクライマックスの大場面で物語中盤で出てきたような何を言っているのかわからない意味不明な呪文らしい呪文よりも、たった3文字の言葉のほうが良い」という考察。というか現実的な意見。

”バルス”の謎②:なぜ自爆装置が存在するのか?

最後は宇宙に行っちゃいましたよね。

「方舟」としてラピュタを建設した説

巨大隕石の落下が高確率で予測され、全人類が滅びるよりは、若干名を犠牲にしてでも方舟を上空へ逃がすためという考察。

創造者による破壊説

ラピュタの圧倒的な武力を恐れたから、破滅の呪文を作り上げて後世の人類に選択させよう。という説。

緊急時の地球脱出用コマンド説

宇宙空間に到達しても無傷ということは何がしかシールドが張られていた可能性もある。方舟説と似ていますが、要は「破滅が目的ではなく、脱出が目的」という考察。

”小鬼”の意味

Q:洞窟にいたポム爺さんが「小鬼」と呼んだわけは?

愛着を持ちつつも冗談交えて「小鬼」と呼んだ説

ポムじいさんからしてみればパズーやシータは小さい鬼みたいに生意気で可愛いのでは?という考察。

「洞窟だけにドワーフという意味で呼んだ」説

ドワーフとか妖精的な意味での愛称で呼んだのでは?という考察。

龍の巣の存在

Q:なぜ隠す必要があったのか?

昔ラピュタ人が疫病かなんかでラピュタを去る際に二度と人々がラピュタに近づかないように巨大な低気圧の雲を作ったのでないでしょうか。

「防御壁」でしょうね。やっぱり。

ラピュタを王族以外の人間から守ったり隠したりする為の物

強大な力を悪用・乱用されないため。王族を守るため。などが考えられます。

水中都市

Q:この水中都市は何を意味しているのか?

ということについての考察を集めてみました。

システムが壊れた説

貯水ダムとかの手動排水が機能しなくなったとか、排水量調整するシステムが壊れたとか、システム上の問題でという説。魚も泳いでるから汚水ではないようです。謎が深まる

そもそも人が住む場所ではない説

構造的に日光が入りにくい場所。そもそも人が住む場所ではないのでは?という説(ロボット兵とかもいますしね)

やっぱり「水中都市」説

天井が不自然に狭まってることもあり、案外はじめから水の中の都市として建設されたのでは?という説。個人的にはこの考察が好きです。

庭園の白い糸上のもの

どうやらドーム型の天井が透けていることを表しているようです。

1 2