1. まとめトップ

女性が働く時代に!?

最前線で活躍しているキャリアウーマンがすごい!

2006年4月株式会社サイバーエージェント入社。
同社CEO藤田氏に「プーペガール(ファッションに特化したアバターを着せ替えるコミュニティサイト)がもっと盛り上がるように、方法を考えて」と移動後、プーペガール子会社後、入社2年目でCEO就任。
ハイブランド”ルイ・ヴィトン”とのコラボも現実化した。

出典mpjob.jp

ネイリストとネイルモデルをつなぐ女の子のためのスマホアプリ「nailly(ネイリー)」を運営。
2013年6月 キールス株式会社設立、代表取締役に就任。

今や女性がビジネスを確立し、新しいトレンドを作るクリエイティブな事業も手掛けているキャリアウーマンのモデルが続出し、女性社長なんてのも珍しくない時代である。

さらに女性ならではのアイディアが世間の風向きを大きく変えることで、このような風潮が日本経済を牽引し始めています。

なぜ、女性の才能が開花し始めたのでしょうか?

女性がビジネスで活躍し始めたのには脳科学的に、「男性にはできない仕事が女性にはできる」ことにあります。

女性は男性に比べて脳梁が太いため右脳と左脳の連動性が高く、多くの情報を同時処理できます。
そのため女性はある行為をしながら全く別のことを行うのが得意です。

女性の脳は全交連という場所が男性に比べて少し太くなっています。
全交連とは脳梁の前にある部分で、多くの神経が行き渡っている場所です。

女性の脳は男性よりも8パーセント小さいが、高度に網羅した神経組織により、少ないエネルギーで複雑な仕事を能率的にこなすことができるのだ。

この「脳梁」と呼ばれる場所とそれに関する「神経」に関係があるらしい。

この脳梁とは人間の左脳と右脳を結んでいる神経の中で1番大切な役割をしており、この脳梁が男性よりも大きく質量が多い女性は脳全体をうまく使いこなすことができます。

それによって、同時に複数のタスクを正確に処理できてしまったり、女性のほうが脳を広く使い、
常に情報が飛び交っている状態になり、情報処理能力にたけていることになります。

さらに、女性は感情や記憶をコントロールする”大脳辺縁系”までもが男性より発達していた!

一般的に女性の方が効果的なコミュニケーションを取れる傾向があり、直感的に感情を理解する能力に優れています。

女性は、目を見ただけでも相手の気持ちを察することができるが、男性にはとても無理な芸当なのである。

この女性特有の能力によって、赤ちゃんがなんで泣いているのかを直感的に識別することができるそうです。

現代はよりクリエイティブな思考が求められ、旧態依然とした古い価値観や老害を覆すことが求められている!

つまり、「女性の社会進出が認められてきた」という表現は、大きな間違いで逆に「社会が女性特有の能力を必要としてきた」という表現が正しいでしょう。

これら「脳科学」での根拠を目の当たりにしたあなたはどう感じたでしょうか?

もしあなたが女性ならば、明日から自信を持って自分の仕事を行ってください。あなた自身の成功が今や会社の成功、そして社会全体がそれを必要としています。

そして、あなたが男性ならばまず考え方を改める必要があるかもしれません。


「女性」だからと言って、仕事に影響を与えていませんでしたか?
さらに会社の経営の舵を取る人間であったのであれば、なおのことです。
あなた方がないがしろにしていた女性社員はあなた方の会社の隠れた才能であり、その老害(古い価値観・固定概念)によって生まれた不況から脱出させてくれる”ホープ”なのかもしれません。

1





女性向け生活情報サイトC&E
生活に役立つ、ちょっとした裏技、トレンドな話題などを配信していきます。

C&E~女子のためのポータルサイト~も運営しています。

このまとめに参加する